CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

時差を感じて

神戸から明野に帰ると、すっかり秋になっていた。

ヤブランや韮の花が咲き、栗の実が大きくなっている。けろじは姿を隠し、お腹の大きなカマキリ母さんを何匹か見かけた。山椒もハナミズキもイチイの木も、赤い実で飾られている。小紫は、本番間近と言った風情で小さく連ねた実を紫色に染めていくのに忙しい。

そして何といっても空気が冷たい。朝などは、寒いと感じるほど気温が下がる。

 

京都も奈良も神戸も晴れて涼しく、関西地方はまだまだ暑いと思っていたので、拍子抜けするほど過ごしやすかった。

ただ、やはり時差も感じた。日の入りが明野よりも遅い。夕方、ああ、まだ明るいんだと思うことが多かった。

調べると、きのうの記録では兵庫県の日の入りは18時18分。山梨県は18時6分だった。12分ほどの差である。たいした差ではないのかも知れないが、日の入りが早くなったな、夏も終わりかと感じていたところだったからか、余計にそう思ったのかも知れない。

 

検診につき添った義母も元気で、検査の結果も変わりはなかった。

神戸では、まだ冷え込んだりはしないだろう。空の雲の形とか、道端の花とか、店先の秋刀魚などから、秋はゆっくりとやってくるのだろうか。

明野の秋は、今年も足早にやって来て、足早に去っていくのだろう。冬の始まりを告げに来ただけさ、とでも言うかのように。

CIMG2005韮の花です。お隣りが韮崎市なだけあって、そこここに咲いています。

CIMG1992ヤブラン。今年は少ししか咲きませんでした。

CIMG2002

栗の実、ずいぶん大きくなっていました。

CIMG1998

あ、逆立ちカマキリ。産卵前かな?

CIMG2012夏じゅう咲いていたムクゲ。バッタくんが休憩中。

CIMG2010小紫の実も、色づいてきました。これから濃い紫色になっていきます。

CIMG2027

山椒の実も、赤くなっていました。

CIMG2019

ハナミズキの実も、色づいていくところ。

CIMG2016壊れたバーベキューセットの上には、物思いにふけるけろじが。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

  1. 悠里 より:

    やはり明野の方が秋の訪れは、早い様ですね。
    さえさんのお宅の周囲は、秋の気配そのものですね。この辺りはハナミズキの実はかすかに色をみせていますが、最後の最後に咲く紫陽花のナイアガラは、まだ白い花です。夜は大分涼しくなりましたが、時々はむし暑いです。
    秋の夜長、読書もいいですが美術館はいかがでしょうか?
    13日迄、年一度の恒例の書道展始まりました。
    宜しかったら、お出かけください。

    • さえ より:

      悠里さん
      ナイアガラ、まだ白く咲いているんですね~♩素敵なお庭でしょうねえ。
      今日は暑い日になりましたが、今、明野は涼しいです。
      書道展、13日までなんですね。
      寄らせていただきます♡

  2. papermoon より:

    さえさん、おはようございます♪

    同じ国内なのに時差を感じることができるのって面白いですよね。
    今年の夏は本当に暑くて、久々に夏バテしました。
    9月に入ってからぐんと涼しくなって夏の疲れが出てきたようで、なぜかひたすら眠いです(笑)
    ちょっとソファーに座るとすぐに眠りこけてしまいます。

    さえさんちのお庭もだんだん秋仕様になってきてますね。
    けろじくんを見れるのも後、もう少しかな。
    韮の花、すごくキレイです。花だけ見てたらとてもとても韮の花に見えませんね(笑)
    栗の実を見てたら早く栗が食べたくなりました。
    大好きなんですよ、栗が。
    これから食欲の秋を迎えるにあたって、もっとダイエットがんばらないと!!とちょっ決意を新たにしました(笑)

    • さえ より:

      papermoonさん
      日本は縦に細長いですからね~。他の国ではどうなんでしょう。日本より大きな国がいっぱいあるから、当たり前のことなのかも知れませんね。
      眠いのわかります!夏の疲れですよね~
      韮の花は、この辺りでは畦や道端にいっぱいなんですよ。お隣り韮崎市の名前はやっぱりそこから来ているんでしょうね。可憐ですよね~餃子に入れるとか考えられない(笑)
      栗、もうすぐ収穫です♩美味しいですよね~わたしも大好きです♡
      ダイエット・・・なかなかうまくいかないです・・・

CIMG2876

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

随筆かきます。

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.