CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

棚田のパワー、地球のチカラ

昨年秋に取材した南アルプス市にある「中野の棚田」へ行ってきた。

行ってきたといっても、車で現地に行き、遠景を撮影しただけで誰とも会わずに帰ってきただけ。ちょっと淋しい取材だった。

そのうえ、雪を頂いた春の富士山と水を張った棚田のコラボレーションを独り占めにしたかのようで、罪悪感も顔を出す。

だがそれを伝える仕事なのだからと、そんな思いを振り切った。

 

お田植えの季節の棚田を見ていると、そこに湧きだすようなパワーが水面に静かに眠っているように感じられた。

地球が持つ、底知れぬチカラのようなものだ。

 

連休明けの先週、山々は春霞をまとうこともなく、くっきりと澄み渡り、姿を見せていた。

車が減り、空気そのもの、全体が澄んでいるらしい。

春の冷え込んだ朝、富士山が間近に迫るさまに、ひとりたたずみ思った。

わたしたちは、これまでよりも地球に近い場所に立っているのかも知れないと。

この日の富士山は、格別に美しかったです。

「南アルプス棚田を愛する会」に提供していただいた逆さ富士の写真です。

5月7日のスーパームーンの写真もいただきました。言葉にならない美しさです。

 

☆『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログ、更新しました。

【"逆さ富士"も"スーパームーン"も美しい!南アルプス「中野の棚田」お田植えの季節】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    富士山と棚田の風景。
    とても、きれいですね。こんな場所があるのですね。
    棚田に水が張られた風景だけでも、絶景なのに、&富士山!
    普段なら、見に来ている人も多いのでしょうか。

    去年の秋に行った、忍野八景のすごい人出を思い出しました。
    山梨に「今は、来ないで・・・」そうですね。
    少し、気が緩んできているようですが、今一度引き締めないといけませんね。

  2. さえ より:

    >ぱすさん
    棚田&富士山。
    美しいでしょう。
    ここ、案外穴場で、人出でいっぱいになるということはないんです。
    忍野八海のような観光地とは違って、ただただ棚田の風景が広がる場所なので。
    山梨には、富士山が見えることで特別な場所になっているところも多いですね。
    移動はもう少しのあいだ自粛ですね。
    いつまで、と考え始めると息が詰まるので、留まってできることをしていくしかないですね。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.