CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

正月、空青く

きのう2日は、今年初めて夫婦で近所を散歩した。

「今日の空、すごいね」

歩き始めてすぐに言ったのは、空の青さがいつにないほど濃かったからだ。

「うん。アレンテージョブルーと呼びたい青さだよね」

ふたり、ちょうど1年前に旅したポルトガルの田舎町で見上げた空を思い出しながら歩いた。

 

空の青さが際立っているのは、正月で車が少ないせいだろうか。

我が家も元旦は、朝から日本酒をいただいて、車を出すことはなかった。

そういえば東京で暮らした子供の頃、「正月には空が青くなる」と大人たちが話していたのを覚えている。

人の暮らしが地球の成り立ちに直結していると、濃い青が広がる空に実感せざるを得ず、しょうがないこととはいえ、ちくりと胸が痛んだ。

 

一昨年アレンテージョを旅したのは、年末のこと。

今頃、あの空もさらにさらに青く輝いているのだろうか。

ポルトガルもカウントダウンの翌朝には、「ひとっこひとりいない」という表現がぴたりとくるほど人も車もほんとうに少なかった。

2日の朝早く帰路についたので、その日の空はよく見ていない。

松林の上に広がる空。

八ヶ岳は、雲に覆われていました。

南アルプス連峰。

足もとの堰は、凍っていました。

わたしと夫の影。

深田久弥が愛し、亡くなった山梨百名山のひとつ茅が岳。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    こんばんわ
    近所をお散歩で、名峰の数々を眺められるなんて、羨ましい限りです。
    茅ヶ岳。深田久弥はこの山で亡くなったのですね。
    山を愛した方が、山で亡くなるのも、不思議な何かの導きなのでしょうか。
    神々しいですね。
    見せてくださりどうもありがとうございます。

  2. さえ より:

    >ぱすさん
    おはようございます♩
    ほんと、いいところで暮らしているな~と実感する瞬間です。
    茅が岳で亡くなった深田久弥、心臓だったみたいですね。
    茅が岳が好きすぎて、たくさんの人が来ないように日本百名山に入れなかったとも言われているんですよ。
    こちらこそ、見ていただいてありがとうございます。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.