CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

精進ヶ滝には、熊鈴を持って

特派員の取材で、北杜市内の「精進ヶ滝」へ、ひとり行ってきた。

天気を調べ、山靴を履き、雨具と水筒と飴を持ち、よし万全だと出かけた。

なに40分ほどの道のり。装備さえちゃんとしていれば、心配はないだろうと。

 

ところが現地に着いた途端、目に入ったのは「熊目撃情報」の黄色い貼り紙。

「うわ、熊鈴忘れた」

ひとりならたぶんここですごすごと引き返しただろうが、駐車場に先客がいた。男性ひとりで歩きだす。山歩きに慣れた装備と歩き方だ。

「ついていけば、だいじょうぶだろう」

と、決行した。

写真を撮りながら、しかし彼に遅れないよう早足で歩く。

途中見失ってしまい、途方に暮れるがもうすぐ40分だと、熊よけに大声で歌を歌いながらひとり歩いた。

『あやしい彼女』を観たばかりだったせいか、「悲しくてやりきれない」しか出てこない。だんだん調子よくなってきて大声で歌っていたら、パッと目のまえが開け滝見台に出た。

そこでは山を整備する工事のおじさんたちが、5人ほどでお昼休憩をとっていた。先陣の男性もいる。

「うわ、恥ずかしい!」

赤面しつつも、ホッとした。

人がいるって、こんなに安心するものなんだと脱力するほどホッとしたのだった。

 

精進ヶ滝へ行くときには、ぜひ熊鈴をお持ちください。

「一の滝」です。

「二の滝」です。

「三の滝」は、つり橋のすぐ横。

そして滝見台から見た精進ヶ滝。とっても気持ちのいい場所でした。

 

☆『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログ、更新しました。

【東日本最大121メートルの落差が圧巻!日本の滝百選「精進ヶ滝」と「石空川渓谷」】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.