CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

緑のなかのけろじ

家の北側の堰沿いの道を、久しぶりに歩いた。

堰にかかる背の高い木を剪定してもらっていて、下からその様子を見たり、掃除したりしたのだ。

 

その道は細く、動物避けのライトが置いてある。センサー付きのライトだ。そこにやたらと色艶のいいけろじがいた。目の上の黒い線もはっきりとしていて歌舞伎役者のようだ。

「こいつ、朝からここにいる」

すでに夕刻で、しかし夫は朝もここにいるのを目撃したという。

ウッドデッキに1日2日同じ子がいるのはよくあることだが、ライトは小さい。

「きっと、美味しい羽虫がいっぱい飛んでくるんだねえ」

 

近くで見るとけろじの緑が際立って見えたが、離れてみると周囲はうっそうとした緑、緑、緑。カエルが10匹くらい隠れていても見分けがつかないだろう。

春の顔を出すアマガエルたちは、わりと大きめだ。冬眠していた大人が顔を出すからだろう。それが夏の初めに小指の爪ほど小さな子たちが跳ねまわり、だんだん大きくなってくる。

「この子は、ここで冬眠するのかな」

1年を振り返り、冬の気配を濃い緑の木々のなかに感じた。

お肌が艶々な真緑のけろじ。

緑に囲まれているねえ。

うちのガスメーターにも、大きなけろじが。

隙間が好きなんだね。目の下とあごがうっすら緑のけろじ。

堰まで歩く道沿いに咲いているコスモスは濃いピンクが綺麗。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.