CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

自然の大きさに触れて

金曜の午後、お隣りは韮崎市の甘利山にひとり登った。

ツツジが一面に咲く観光スポットで、先週、開花情報が出たところでの取材である。山と言っても、駐車場から頂上まで徒歩30分ほど。しっかりした靴を履いていれば、登山仕様のものではなくとも登れるハイキングコースで、その気楽さが、観光客を呼び寄せる魅力のひとつだ。

 

暑い日で登り始めは急な山道だったが、木々が生い茂る森のなかの道で涼しく気持ちがよかった。道も歩きやすく整備され、小さな野の花に名前をかいた札を立てたりしているところから、人の手をかけ大切に保護しているのがわかる。ツツジが咲く場所までは、森のなかをその草花たちを楽しみながら登った。

 

ところがツツジが咲く場所まで登り、首を傾げた。

花に元気がなく、思っていたより数も多くなかった。かといってまだこれから咲く蕾ばかりというわけでもない。

板張りの遊歩道を歩く途中、立ち話をしているおじさま方に訊いてみた。

「今年はツツジ、少ないんでしょうか?」

「桜のあとに霜が降りたから、花芽がやられちゃったんだよ」

「鹿の被害も、年を追うごとに深刻らしいね」

富士山を含む周りの山々が見渡せる、ハイキングにも気持ちのいい山だけれど、今年のツツジは旅人におススメするわけにはいかないようだ。

 

大切に保護している人たちがいて、それでも自然の大きさには太刀打ちできない。ニュースになるような大災害ではなくても、自然のなか日々喜びを見つけたり、落胆したりしている人たちがいるのだ。

甘利山のツツジ、来年は鹿にも霜にやられずに、多くの花を美しく咲かせてくれますように。

そんなことを考えながら下山していたら、道を1本それてしまった。

どちらも同じ場所に行きつく道だったからよかったものの、来た道と違うと気づいたときにはゾッとした。山を、自然を、甘く見てはいけない。

CIMG1346きれいに咲いているツツジを選んで、写真を撮りました。

CIMG1344鹿と霜の被害だとの話を聞いた遊歩道。標高の高い場所ならではの草花たちが咲いていて、名前をかいた札を立て大切に保護されていました。

CIMG1251

マイヅルソウ。

CIMG1340

オオヤマフスマ。

CIMG1335

サクラスミレ。

CIMG1308

フデリンドウ。

CIMG1330山頂は、1,731mもあるんですね。耳がキーんとなりました。

CIMG1361帰り道、富士山がほんのちょっとだけ顔を見せてくれました。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. 悠里 より:

    取材お疲れ様でした。甘利山ですか~‼
    もう、何十年も前に一度った事がありますが、その後は新聞やテレビでの、情報ばかりでした。
    野の花に立て札なんて、なかったと思います。
    昨今は自然保護の観点から、管理もきっちりされているんでしょうね。
    それにしても、道を間違えたなんて……。何事もなく無事に下山できてよかったですね。
    ツツジの赤、綺麗です~‼
    今はあちこちで鹿による被害が言われていて、共存はなかなか難しいですね。鹿だって生きていかなきゃならないですものね。
    何処へ行っても、富士山見えるとホッとします、我が家からは、南の方角に見えます。

    • さえ より:

      悠里さん
      甘利山、登られたことがあるんですね。
      写真を撮った花以外にも、野の花、保護されて名札を立ててありました。
      方向音痴の才能にも困ったものです(笑)
      ほんと、何事もなく帰ってこられてよかったです。
      ありがとうございます♩
      何年も前に、鹿を保護しすぎたせいで増えてしまったようですね。
      共存は難しいですよね。
      お家から富士山が見えるなんて、いいですね~!
      今日は韮崎までの道で、富士山、よく見えました♡

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.