CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

蝶が飛び交う畦道で

取材の一端で、市内の小淵沢町で農家さんの働く姿を見せてもらう機会があった。

紆余曲折を経て農業に携わっている方、十代から農業一筋まっしぐらという方、脱サラして移住してきた方、様々な方からお話を聞くことができた。

ひとりひとりは個性豊かな人ばかりなのだけれど、共通しているのは農業が楽しいと語る笑顔だ。

自分の生き方を考えるいい機会にもなった。

 

その田んぼや畑広がる畦道で、久しぶりに白や黄色の蝶がたわむれあう様子を何度も目にした。小淵沢の畑には、明野よりも蝶が多いらしい。

「自由だなあ」

楽しそうに飛び交う蝶を眺めながら、心が解放されていく。

けれど、自分でつぶやいた「自由」という言葉のなかにある「哀しさ」や「寂しさ」が、ふとよぎる。

 

竹内まりやの「マンハッタン・キス」の歌詞にある。

長すぎる一日をもてあまし 彷徨えば

哀しいくらい 自由なの

同じく竹内まりやの「幸せものさし」にはこうある。

自由と孤独はふたつでセット 気ままなほど寂しさもついてくる

いくら歳を重ねても、こういう気持ちから解放されることはないのかも知れない。

畦道の両脇は、畑や田んぼ。八ヶ岳も明野から見るのとは違う形をしています。

アカツメクサがそこらじゅうに咲いていました。

あ、ベニシジミ。可愛い~♩

わ、いっぱいいる。写真のなかに4頭います。蝶って1頭2頭って数えるんですね。

たわむれていた白や黄色の蝶は、写真には撮れませんでした。

反対側には南アルプス連峰がそびえています。

田んぼに映る山が見えるのも、もうあと少しです。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.