CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

間一髪

家が揺れ、夜中に何度も目が覚めた。

地震ではない。強風にぐわんぐわんと家が揺すられていたのだ。

 

朝先に起きていた夫が、たいへんなことになっていると窓の外を指さした。

「夜中に大きな音がしたよね。薪が崩れたの?」

「そんなもんじゃないよ」

見ると、赤松が庭の真ん中に向かってまっすぐに横たわっていた。

枯れた松があまりの風の強さに立っていることができなくなり、根こそぎ倒れたのだ。

間一髪だった。

赤松は、庭木や軽トラ、薪小屋にも、もちろん家にも当たらず、きれいにそれらの隙間にすっぽりと収まるように倒れていた。

背筋が凍った。

風向きが少しでも違っていたなら、家が壊れ大惨事となっていたやもしれない。

間一髪【かんいっぱつ】(一本の髪の毛の幅ほどのわずかな隙間の意から)物事の非常に差し迫っていることの例え。危ないところ。

                精選版 日本国語大辞典より

              

まさに、間一髪。

赤松は、用意された〈1本の髪の毛ほどのわずかな隙間〉に吸い込まれるようにして倒れたのだった。

これです。

根こそぎ倒れていました。

倒れた赤松は庭に向かって。

いろいろなものを避けるようにして、ど真ん中に。

一昨日は、晴れていた八ヶ岳。

権現岳。

きのうは、風花舞う八ヶ岳おろしを吹かせる雲に覆われていました。

西側にそびえる南アルプス連峰は、きのうも晴れていました。

見守ってくれているような甲斐駒ケ岳。

鳳凰三山には、雲ひとつなく。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.