CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

雪の上の足跡

この週末、雪の残る明野をのんびりと散歩した。

田畑は、まだ誰も足を踏み入れていないまっさらな雪に覆われている。

そこに、小さな足跡をいくつも見つけた。

「シカかな?」

「タヌキかも」

そう言いながら、観察して歩く。

(こんなふうに足跡を残していくのは、不本意ではないのだろうか?)

推理小説などで、靴跡が犯人逮捕の鍵になったりするのを思い出す。

雪は地上を覆い隠すだけではなく、普段見られないものを見せてもくれるのだ。

 

そして雪は、ときに人のあり方も映し出す。

立ち寄ったご近所さんから、共通の知人がふらりと雪かきに来てくれたのだと聞いた。あ、あの人が、と思う。お年を召した彼のために、すてきだなと。

CIMG7188土曜日は、畑いちめん真っ白でした。

CIMG7182ワイン用の葡萄畑です。

CIMG7179貯水池も凍っていました。あ、あれ、何だろう?

CIMG7177貯水池の周りに足跡がありました。テンかな? 

CIMG7195

キツネくん?

CIMG7186

うっすらついてるのは、鳥っぽい?

CIMG7241日曜日は、八ヶ岳も雲をまとった姿を見せました。手前の雪は、大根畑。

CIMG7228

両足を揃えてる。

CIMG7232爪跡がくっきりした跡も。

CIMG7240気持ちよさそうに散歩していた馬たちにも、会いました。

CIMG7218

ホオジロさんです。

CIMG7246

最近よく見かける、ツグミ。

 

 

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

  1. papermoon より:

    さえさん、こんばんは!

    雪の上に残る小さな足跡、すごく可愛いですね。
    そして「どんな動物が残していったのだろう?」と想像するのも楽しそう。
    小さな足跡ならいいのですが、熊の足跡だったらちょっと怖いですね。
    両足を揃えた足跡はウサギかなと思ってしまいました。
    馬さんたちの散歩が日常的に見られるなんて羨ましいです♪

    • さえ より:

      papermoonさん
      おはようございます♩
      雪の上だから、余計に可愛く見えますよね~♡
      ほんと、想像するのが楽しいんですよね。
      熊は・・・怖いですね~たぶん冬眠中だと思います。
      野うさぎ、見たことないけどこの辺りにもいるのかな?
      町内に馬に乗れるところがあるんですよ。美しいお馬さんでした。

  2. ユミ より:

    こんばんは♪
    見慣れない雪景色に、しばし見入っていました。
    寒い寒いと言いながら、大阪全く雪が積もりません。
    今日もちらほらと舞ってはいたんですけどね。
    主人の居る福知山も雪が50cmくらい積もったらしいですけど、
    ずっとそういう状態じゃなく、どんどん溶けてはまた降って・・・て、感じらしいです。
    雪かきにはいつまでたっても慣れない大阪人みたいです。(笑)
    とにかく今年は寒いし、雪が多いみたいです。
    何者かの足跡が真っ白い中に点々と・・・4枚目の写真なんか。とっても素敵!
    想像してしまいました。
    馬ものどかでいいですね。

    • さえ より:

      ユミさん
      雪、きれいですよね~♩
      去年はほとんど雪かきもしなかったけど、今年は夫がいないときに降ったので一人雪かき当たり年です(笑)夫も帰って来てからウッドデッキの上とか雪かきしてましたが。
      福知山は雪深いんですね。これでもこちらは30㎝も積もってないんですよ。
      4枚目の写真、途中でお水飲んでますよね~凍ってたけど飲めたのかな?
      町内に乗馬ができるところがあって、今度行ってみようと夫と話しました。

CIMG6581

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.