CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

雲の飾り棚

秋の空、秋の雲。

一昨日の夕方からきのうの朝にかけて、横に棚引く雲を何度か見かけた。

空の写真図鑑『空の名前』(光琳社出版)によると、「横に幾重に重なって棚引く雲」は「八重棚雲(やえたなぐも)」と言い、「山の中腹に棚引く横雲」を「雲の帯」と呼ぶそうだ。雲の切れ間から射し込む、幾筋もの神々しい御光」は「天使の梯子」「ヤコブの梯子」などとも呼ばれているらしい。

 

「たなびく」は「棚引く」とかくのだなあと、おもしろく思った。

空にかかった雲の棚を、連想したのだ。

棚であるから、何かを乗せたくなる。本棚のような実用的な棚ではなく、飾り棚だろう。何がぴったりくるのだろうと考えてみるが、ああ、すでに光の粒が、そして青から黄、赤などへ変わっていくいくつもの色彩がそこには乗せてある。それらが落ちてこないように、影がしっかり支えている。

 

雲の棚に乗っていた光や色の粒、その影は、雲が散るとき地上に落ちてくるのだろうか。あーあ、きれいに飾ったのになあと天使たちはつぶやくのだろうか。

CIMG2671一昨日の午後、スーパーの駐車場から見えた東の空です。

CIMG2676帰り道にはもう、薄暗くなってきた西の空。

CIMG2679その後、夕焼けに染まっていきました。八重棚雲ですね。

CIMG2689きのうの朝です。南に向かって車を走らせています。運転手は夫。

CIMG2692駅まで送って、その帰りにひとりで見た八ヶ岳です。

CIMG2696確かに、太い帯を締めているようにも見えますね。

シミルボンサイトで『空を眺めて』という連載を投稿しています。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.