CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

花と木, 生き物, 田舎で 2018.05.05

ハートの葉っぱ

石垣に集めて植えているタチツボスミレは、もうとうに花の季節を終え、実を結んでいる。これからまた種を飛ばし、あちらこち...

続きを読む

生き物, 手話, 日々の暮らし, 田舎で 2018.04.28

連休は、休みと休みと休みと休み

今週の手話サークルは、「連休はどうする?」というテーマだった。「家の片づけ」「断捨離は、なかなか難しいよねえ」と話は...

続きを読む

生き物, 田舎で 2018.04.22

ツバメの季節

きのう、キッチンで昼ご飯の支度をしているとき、ウッドデッキを舞うように飛ぶつがいのツバメたちが見えた。ピーチクパーチ...

続きを読む

生き物, 東野圭吾, 田舎で, 読書 2018.04.09

日常のなかのワンシーンから

「あ、竜巻!」と言っても、小さな小さなものだ。庭仕事をしていて、枯れ葉を集めた箕(み)のなかで、一瞬枯れ葉がくるくる...

続きを読む

生き物, 珈琲&お茶, , 田舎で 2018.02.14

空耳

珈琲を淹れようと、薪ストーブの上にかけてあるやかんをガスコンロにかけた。ガスコンロで再沸騰させた湯で、ドリップするた...

続きを読む

生き物, 四季, 田舎で 2018.02.05

雪の上の足跡

この週末、雪の残る明野をのんびりと散歩した。田畑は、まだ誰も足を踏み入れていないまっさらな雪に覆われている。そこに、...

続きを読む

生き物, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2018.01.22

ついでの断捨離

「韮崎に行くんなら、ついでにこれ、買ってきてよ」「いいよ」子どもたち3人と一緒に暮らしていたときには、たびたび繰り返...

続きを読む

生き物, 田舎で 2018.01.18

bird is blind?

冬のあいだ、夫が庭やウッドデッキに向日葵の種を撒く。蒔くのではなく、撒くのだ。水も用意している。野鳥たちのためである...

続きを読む

生き物, , 田舎で 2017.08.26

空が青くてよかった

「空が青くて、よかった」風邪をひいているあいだ、うつうつした気分になりがちだったが、たとえ窓からであっても青い空に浮...

続きを読む

生き物, 田舎で 2017.08.20

トドマツノキバチの巣

ウッドデッキに上がって来るアマガエルのけろじたちは可愛がっているが、そうもいかない生き物たちも家の周りにはいる。玄関...

続きを読む

生き物, その他, 田舎で, 読書 2017.07.28

納得体質

朝、コンタクトレンズを入れようとして、そのレンズのカーブに目をとめた。ワンデータイプのレンズを使っている方はご存知だ...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2017.07.19

泥をかぶった抜け殻

庭を歩いていて、あちらこちらに泥をかぶった蝉の抜け殻を見つけた。初夏に鳴きだす蝉たちのトップバッター、ニイニイゼミで...

続きを読む

生き物, 日々の暮らし, 雑貨, 田舎で 2017.07.08

けろじスミスキー

スミスキーという妖精(?)に魅かれているのだが、入手するには至らない。ちょっと引っ込み思案で、隅っこが好きな奴らなの...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2017.05.16

周りの風景とともに

一昨日の日曜日。今年初めてウッドデッキにけろじが上って来た。暗い緑色に黒い模様が混じった子と、全体が茶っぽいグレーで...

続きを読む

1 2 3

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.