CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

健康, 花と木, からだのこと, 田舎で 2017.10.20

顎関節症を患って

最近、出された茶菓子などを食べるとき、自意識過剰になる。「ぱくりとひと口で食べた方が美味しいのに、小さくちぎってる」...

続きを読む

花と木, 田舎で 2017.10.01

林檎の村、明野

山梨のどこに住んでいるのかと聞かれた際、大抵はこう答える。「日照時間日本一の明野。それで町おこしで向日葵畑作ってて、...

続きを読む

花と木, 田舎で 2017.09.26

金木犀に立ち止まって

庭の金木犀の花が、今年はいつになくたくさん咲いた。いい匂いだ。金木犀の匂いを嗅ぐと、結婚したばかりの頃を思い出す。暮...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2017.09.16

ついてない日は、ついてる日

きのうの朝、手話教室に向かっている途中、カラスの大群を見かけた。通らないわけにはいかないので、ゆっくり車を走らせてい...

続きを読む

花と木, 四季, 田舎で 2017.09.08

時差を感じて

神戸から明野に帰ると、すっかり秋になっていた。ヤブランや韮の花が咲き、栗の実が大きくなっている。けろじは姿を隠し、お...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2017.08.31

シャイな無花果

クリーニング屋さんに行くと、お庭に生ったという無花果をいただいた。「無花果食べて、風邪治してね」風邪はすっかりいいの...

続きを読む

花と木, 田舎で 2017.08.27

ユリはゆっくり咲いていく 

今、庭のテッポウユリが、次々と咲いている。次々ととかくと、日々いくつもの花が開いているように思われるかもしれないが、...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑貨, 田舎で 2017.08.14

夏に毛布

もっとも暑いこの時期、夜眠るとき毛布をかけている。夫は普通に掛布団だが、わたしは毛布のみ。それが軽くてやわらかく、い...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2017.07.22

蓮の花と命

今年も、最寄りのJR穴山駅近くの蓮池に、蓮の花を見に行った。これまでもきれいに整備されていたが、久しぶりに行ってみた...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2017.07.19

泥をかぶった抜け殻

庭を歩いていて、あちらこちらに泥をかぶった蝉の抜け殻を見つけた。初夏に鳴きだす蝉たちのトップバッター、ニイニイゼミで...

続きを読む

花と木, 珈琲&お茶, , 田舎で 2017.07.15

ブルーベリーの木、愛しく

庭のブルーベリーの実が、熟れてきた。毎日少しずつ収穫し、食べている。毎年、ブルーベリーの実が生ると不思議に思うのだが...

続きを読む

花と木, 柚木麻子, 田舎で, 読書 2017.07.09

崩壊を立て直す方法

『伊藤くん AtoE』(新潮社文庫)のなかの一文に、ハッとさせられるものがあった。クズケンと莉桜の会話だ。「俺、昔、...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2017.07.05

梅雨を楽しむ

林を隔てたお隣りから、庭でとれたという梅の実をいただいた。酢と氷砂糖で、梅サワーにすることにした。3週間ほどで飲める...

続きを読む

花と木, 田舎で 2017.06.16

名前を知るということ

ずっと以前から庭に生息していた植物の名を、初めて知った。サルトリイバラである。玄関の石垣に勝手に生えてきたこの植物は...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.