CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

花と木, 親子, 家族のこと, 田舎で 2017.03.28

病室のスノーフレーク

八ヶ岳の定点観測地点で、スノーフレークが咲き始めた。家から徒歩3~4分のその場所は、八ヶ岳がきれいに見えるスポットで...

続きを読む

右手くんと左手くん, 四季, からだのこと, 田舎で 2017.03.27

2本のビスと思いこみ

「あれっ? あれれれ?」と、いきなり左手くん。「えっ、なに、なに?」と、右手くん。「いやー、びっくりした」「いったい...

続きを読む

四季, 田舎で 2017.03.19

春の雪

温かな雨が降ったと思ったら、今度は雪が降った。日も暮れてカーテンを閉めたあとに降りだした雨の音が、やけに大きく響くの...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2017.03.15

温かな雨

今年はもう、雪が積もる心配はなさそうだ。一昨日降った雨も、やわらかく温かだった。三寒四温の温が増していくのを、日々感...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2017.03.13

記憶のトリガーポイント

記憶というものは、気づかないような場所にトリガーポイントを持っている。例えば、夕暮れというにはまだ早い時刻、山並みを...

続きを読む

, 田舎で 2017.03.11

春待つ時間

「今年は、雪は積もらなかったねえ」夫と話しながら、久しぶりに散歩した。「赤岳は、真っ白だけどねえ」八ヶ岳最高峰の赤岳...

続きを読む

花と木, 田舎で 2017.03.05

クリスマスローズ咲いて

庭のクリスマスローズが、咲いている。クリスマスローズを植えるまでは、春一番に咲くのは水仙という印象だったのだが、同じ...

続きを読む

生き物, 親子, 家族のこと, 田舎で 2017.02.22

友人からの電話

長らくご無沙汰してしまった友人から、突然電話をもらった。「ときどき見てるんだけど、気になることがあって」このサイトの...

続きを読む

薪ストーブ, 田舎で 2017.02.19

マッチの火

このところ、薪ストーブに火を入れる際に、よくマッチを使う。シュッと音を立ててマッチを擦る感覚は不思議と手に心地よく、...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2017.02.17

ふきのとうとクリスマスローズ

庭でふきのとうを探していたら、クリスマスローズが蕾をつけているのを見つけた。そして、そのすぐ近くにふきのとうも見つけ...

続きを読む

家ご飯, , 田舎で 2017.02.16

切り干し大根のやわらかく淡い味

薪ストーブの灰を差し上げたら、切り干し大根をいただいた。手作りである。浅尾大根が名物だけあって、漬物用の大根や切り干...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2017.02.14

ふきのとう苦味考

庭のふきのとうを、収穫した。苦味が旨味である。ビールに代表される苦味大好きなわたしの、大好物だ。さて。子どもは親の背...

続きを読む

四季, 田舎で 2017.02.11

見えない轍

雪は、それほど積もらなかった。しかし朝6時半。道は凍っている。「あれ? まだ、轍(わだち)ついてないね」と、夫。「ほ...

続きを読む

花と木, 田舎で 2017.01.30

南天を盗った人へ

庭の南天の木を、思い切ってバッサリと剪定した。今年は実のつきが悪く、伸びすぎたせいかなと話していた。しかしこの週末に...

続きを読む

1 8 9 10 11 12 13 14 15

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.