CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

花と木, おしゃれ, 日々の暮らし, 田舎で 2019.04.16

髪を切りました

髪を切った。春だから、というのもあるかも知れないが、長く伸ばしウェーブをかけた髪が今の自分と合わないようなもやもやし...

続きを読む

花と木, 田舎で 2019.04.14

コブシの花

「ああっ!」思わず、声を上げてしまった。「お父さん! お父さん!」と、大声で夫を呼ぶ。庭で日曜大工中の夫は手が離せな...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2019.04.11

春の雪、春のおでん

「春の雪」というのは、当然だが春の季語だそうだ。「でもこれ、春の雪っぽくない」ウッドデッキや庭に降り積もった雪を、眩...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , , 田舎で 2019.04.06

たかが15分、されど15分

時間というものは、簡単に伸びたり縮んだりはしないと思っていたのだが、この春から早起きする日の朝の時間が伸びた。春のダ...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2019.04.03

改ざんされる記憶

記憶というモノは、少なからず改ざんされるものなのだと知った。むかしよく通った町内の道を、久しぶりに運転した。そこは除...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2019.04.02

通過点

新元号が発表された。「令和(れいわ)」「和」は、好きな漢字だ。和やか(なごやか)と読むのがいい。「令」は、凛とした雰...

続きを読む

花と木, 映画, 田舎で, 鑑賞 2019.03.23

映画『グリーンブック』

飛行機で観た映画『グリーンブック』に、とても印象的な言葉があった。親父に言われた。「目の前のことに全力を注げ。仕事な...

続きを読む

花と木, 田舎で 2019.03.20

うつむいてクリスマスローズ

クリスマスローズが、たくさん花を咲かせている。毎年値が落ちた頃に少しずつ買い足して植えているので、だいぶ増えてきた。...

続きを読む

, ポルトガル, 田舎で, 2019.03.19

アズールブランコ

きのうは、朝零下まで冷え込み、山々が美しかった。運転しながら八ヶ岳を眺め、ふっとポルトガルで観た「アズレージョ」に似...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2019.03.18

天麩羅

週末、庭のふきのとうを摘んで天麩羅にした。いつもはふきのとうだけを天麩羅にして、ほかのメニューはまったく別に考えるの...

続きを読む

健康, , からだのこと, 田舎で 2019.03.17

夕焼雲と石

所用で新宿へ出た際、ビルの谷間、夕焼けが映り込んだ雲を見た。すぐにカメラを向けたが、思うようには撮れなかった。しかし...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2019.03.16

笑顔ほころんで

「よし、晴れた!」そう言って、梅の花を撮りに出かけるわたしは、まったく風情がない。けれど、情報を発信する仕事にシチュ...

続きを読む

花と木, おしゃれ, 日々の暮らし, 雑貨, 田舎で 2019.02.25

眉の形

「どこか、眉カットしてくれるところ、知らない?」行きつけの美容室で、ふと思いついて訊いてみると、「ここで、できますよ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , , 田舎で 2019.02.24

夕焼けとふきのとう

庭にふきのとうが出てきたので、夕食に天麩羅にしようとひとりで摘んだ。このところちょっと疲れた顔をしている夫が、喜ぶだ...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 20

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.