CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

花と木, 田舎で 2018.11.12

ツルウメモドキ

トイレに飾る花を探して、庭を歩いた。この季節、もう咲いている花はなく、アイビーの葉と野葡萄の実でもと思ったのだが、野...

続きを読む

花と木, , 四季, 田舎で 2018.11.11

クサギの実

紅葉の赤や黄色に、ハッとする季節である。先日の『増富もみじ祭りウォーク』でも、ハッとさせられるような紅葉に出会った。...

続きを読む

生き物, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2018.11.10

パッとしない日

パッとしない日、というのがある。どんよりと曇った空から小雨が降ったりやんだり。どしゃぶりほど憂鬱にはならないが、すか...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2018.11.05

鯨石

今年も、『増富もみじ祭りウォーク』に参加した。去年は10㎞コースだったので、今年は14㎞に挑戦。よく歩いた。夫とふた...

続きを読む

健康, ヨガ, , からだのこと, 田舎で 2018.10.31

『ゼロトレ』1か月経過報告

『ゼロトレ』を始めて、1カ月が経った。驚いたことに、1日も欠かさず続いている。びっくりだ(笑)続いたのは、やはり10...

続きを読む

, 田舎で 2018.10.29

カンマンボロン

お隣りは須玉町にある瑞牆山登山に、初挑戦した。と言っても、標高2,230mの瑞牆山頂上までは行っていない。その途中1...

続きを読む

薪ストーブ, 四季, 田舎で 2018.10.27

薪を燃やす暮らし

先週から、冷え込んだ日の夜に薪ストーブを燃やし始めた。薪を燃やしながら、ふと気づく。「あ、薪運んでくるの、忘れてた」...

続きを読む

家ご飯, , , , 田舎で 2018.10.26

考えない~餃子編

ふと気がつくと、ネガティブなことばかり考えているときがある。まさに『襟裳岬』の歌詞の通り。理由(わけ)のわからないこ...

続きを読む

ヨガ, , からだのこと, 田舎で 2018.10.25

10回ときめく

きのうの朝、布団から出るときに、あれ? と思った。いつもと違うのだ。この暖かさは何だろう? 気温じゃない。考えながら...

続きを読む

その他, 四季, , 田舎で, 読書 2018.10.20

二十四節気

久しぶりに空の写真図鑑のような本『空の名前』を開いた。『日日是好日』を観て、二十四節気を調べたくなったのだ。「二十四...

続きを読む

外ご飯, , , 田舎で 2018.10.18

脳はひとつのことしか考えられない

手話仲間の友人と、ランチした。彼女が住む笛吹市の近く、山梨市にある『酒蔵カフェ櫂(かい)』を予約してくれた。養老酒造...

続きを読む

生き物, 田舎で 2018.10.12

カマキリの産卵

「卵が、小さめだな」最初に見た感想だ。それから、ここは雪が積もったとき、雪掻きした雪を積む場所なんだけどな、というこ...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2018.10.09

ひと回り小さな茶碗で

この秋は雨が多く、田んぼをしている農家さんは稲刈りがのびのびになってしまったところも多かったようだ。毎年お米を分けて...

続きを読む

薪ストーブ, 家仕事, 日々の暮らし, 田舎で 2018.10.08

チム・チムニー煙突掃除屋さん

秋晴れだったきのう、冬支度にと煙突掃除をした。1年に1度の恒例行事である。夫は毎年、年上のご近所さんの煙突掃除も汚れ...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 16

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.