CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2018.07.29

心の揺らぎ

人の気持ちというものは、ほんの些細なことで色を変える。例えば、雨に気づいた途端、信号待ちする隣りの見知らぬ人が傘を開...

続きを読む

健康, 花と木, からだのこと, 田舎で 2018.07.28

狭間の世代

急いでいたため、取りつけたエアコンは夫の友人である電気屋さんにすべてお任せした。少し型が古いようで大き目だ。そしてリ...

続きを読む

花と木, 田舎で 2018.07.27

桔梗の色

毎年のことだが、庭に咲いた桔梗の花を見ると、その深い青に吸いこまれそうになる。桔梗は「青みがかった紫」と表現される色...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2018.07.07

日々熟していくブルーベリーに

庭のブルーベリーが今年も豊作で、楽しんでいる。ブルーベリーの熟し方はおもしろく、同じ房になっていてもひとつひとつ順番...

続きを読む

健康, , からだのこと, 田舎で 2018.07.04

抗生剤

先週から飲み始めた抗生剤を、今週ふたたび出してもらった。なんのことはない。抜歯しただけだ。6月は、キャパシティーを超...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2018.06.28

木漏れ日を眺めつつ木々の吐息を感じていたら

取材で市内の白州・尾白の森名水公園『べるが』を歩いた。森と日本百名水である尾白川の川辺の一部を、散策したり川遊びをし...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2018.06.25

more slowly

庭の山椒の実を収穫して、佃煮を煮た。やろうやろうと思っているうちに6月も後半になってしまい、慌てて煮たものの実の皮を...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2018.06.21

トウモロコシ狩り

取材で初めて、トウモロコシ狩りをした。1本の実が大きいものだから、「狩り」といっても一瞬で終わるのでは?やってみる前...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2018.06.18

木苺の実

庭の木苺が、真っ赤な実を揺らしている。どこからか飛んできた種が根づき、毎年可愛らしい赤い実をつける。特別美味しいとい...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2018.06.14

まだ見ぬ世界が隠されている

同じ明野町にある、さくらんぼ農園を取材した。さくらんぼ狩りもできる観光農園がほど近い場所にあり、今ちょうど、さくらん...

続きを読む

花と木, , 日々の暮らし, 田舎で 2018.06.12

水たまりの泡

きのうの朝、朝食をとりながらウッドデッキを眺めていた。雨が、しとしとと降っている。それがいつもよりスローモーションに...

続きを読む

花と木, 田舎で 2018.06.10

忙しいと知るとき

「忙しい」とか「時間がない」という言葉が嫌いだ。だから、使わないし、自分のなかでも認識しないようにしている。するとど...

続きを読む

花と木, 美術館, 田舎で, 鑑賞 2018.06.06

光と影の写真展

東京は四谷で、ふらりと写真展に立ち寄った。光と影をテーマにした、数人の写真を展示した30枚ほどの写真展で、しかしどれ...

続きを読む

, 芝居, 田舎で, 鑑賞 2018.06.05

『峠の少女』を観て

日曜日、市内のホールで『峠の少女』を観てきた。エッセイサークルで教わっている水木亮先生が脚本・演出を務める演劇で、昨...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 15

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.