CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

花と木, 田舎で 2017.08.27

ユリはゆっくり咲いていく 

今、庭のテッポウユリが、次々と咲いている。次々ととかくと、日々いくつもの花が開いているように思われるかもしれないが、...

続きを読む

生き物, , 田舎で 2017.08.26

空が青くてよかった

「空が青くて、よかった」風邪をひいているあいだ、うつうつした気分になりがちだったが、たとえ窓からであっても青い空に浮...

続きを読む

生き物, 田舎で 2017.08.20

トドマツノキバチの巣

ウッドデッキに上がって来るアマガエルのけろじたちは可愛がっているが、そうもいかない生き物たちも家の周りにはいる。玄関...

続きを読む

伊坂幸太郎, , 田舎で, 読書 2017.08.18

飛行機雲はまっすぐに伸び、正しい道を歩くように教えている

きのうは、久しぶりに青空が広がった。昼食用のサンドイッチなどを買い、パン屋の外に出ると青い空に一筋の飛行機雲が見えた...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑貨, 田舎で 2017.08.14

夏に毛布

もっとも暑いこの時期、夜眠るとき毛布をかけている。夫は普通に掛布団だが、わたしは毛布のみ。それが軽くてやわらかく、い...

続きを読む

生き物, その他, 田舎で, 読書 2017.07.28

納得体質

朝、コンタクトレンズを入れようとして、そのレンズのカーブに目をとめた。ワンデータイプのレンズを使っている方はご存知だ...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2017.07.22

蓮の花と命

今年も、最寄りのJR穴山駅近くの蓮池に、蓮の花を見に行った。これまでもきれいに整備されていたが、久しぶりに行ってみた...

続きを読む

花と木, 生き物, 田舎で 2017.07.19

泥をかぶった抜け殻

庭を歩いていて、あちらこちらに泥をかぶった蝉の抜け殻を見つけた。初夏に鳴きだす蝉たちのトップバッター、ニイニイゼミで...

続きを読む

花と木, 珈琲&お茶, , 田舎で 2017.07.15

ブルーベリーの木、愛しく

庭のブルーベリーの実が、熟れてきた。毎日少しずつ収穫し、食べている。毎年、ブルーベリーの実が生ると不思議に思うのだが...

続きを読む

花と木, 柚木麻子, 田舎で, 読書 2017.07.09

崩壊を立て直す方法

『伊藤くん AtoE』(新潮社文庫)のなかの一文に、ハッとさせられるものがあった。クズケンと莉桜の会話だ。「俺、昔、...

続きを読む

生き物, 日々の暮らし, 雑貨, 田舎で 2017.07.08

けろじスミスキー

スミスキーという妖精(?)に魅かれているのだが、入手するには至らない。ちょっと引っ込み思案で、隅っこが好きな奴らなの...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2017.07.05

梅雨を楽しむ

林を隔てたお隣りから、庭でとれたという梅の実をいただいた。酢と氷砂糖で、梅サワーにすることにした。3週間ほどで飲める...

続きを読む

四季, 田舎で 2017.07.04

始まりも終わりも、まだ途中

きのうの朝7時。夫を駅まで送っていったときのこと。空には、様々な種類の雲が浮かんでいた。富士山の周囲にはいくつもの小...

続きを読む

花と木, 田舎で 2017.06.16

名前を知るということ

ずっと以前から庭に生息していた植物の名を、初めて知った。サルトリイバラである。玄関の石垣に勝手に生えてきたこの植物は...

続きを読む

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.