CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

CIMG6234

夫婦, 家ご飯, 家族のこと, 2018.01.21

切り干し大根事件簿

「よくわからないんだけど、どうして切り干し大根の煮物と、切り干し大根のサラダをいっぺんに両方作るの?」夕食に、切り干し大根の煮物とサラダを両方出し、夫に言われた。文句を言...

続きを読む

CIMG6216

田舎で, 花と木 2018.01.20

クリスマスローズの蕾

庭を歩いていて、クリスマスローズの蕾を見つけた。ずいぶんと早い。毎年、雪の時期を過ごしてから咲き始めていたのに。去年のブログを見てみたら、2月17日にふきのとうと一緒に蕾...

続きを読む

CIMG6202

家ご飯, 2018.01.19

野菜高騰の折り

「今夜は、鍋にしようか」「いいね。でも、白菜高いんじゃない?」野菜高騰の折り、こんな会話が日常になっている。「産直野菜直販の『おいしい市場』なら、安いかな?」のぞいてみる...

続きを読む

CIMG6097

生き物, 田舎で 2018.01.18

bird is blind?

冬のあいだ、夫が庭やウッドデッキに向日葵の種を撒く。蒔くのではなく、撒くのだ。水も用意している。野鳥たちのためである。彼らもよくわかっていて、「おじさん、今日はまだ?」と...

続きを読む

CIMG3383

手話, 日々の暮らし 2018.01.17

無駄でいいけど、無駄はない

手話初めが、続いている。先週金曜は『山梨手話の会』での手話サークル初めだったが、月曜、町内にある『cafeくじらぐも』での手話サークル初めだった。「明けましておめでとうご...

続きを読む

CIMG6080

外ご飯, 日々の暮らし, 雑感, 2018.01.16

曲がりきれる速さで

根が臆病である。何かに一生懸命になりすぎることが、怖い。夢中になって懸命になって、勢いがつくと止まれなくなって、気がつくと事故っている。これまでそんなことが、何度かあった...

続きを読む

CIMG6066

その他, 家ご飯, 読書, 2018.01.15

『最後はなぜかうまくいくイタリア人』

きのうのこと。夫が、スマホを忘れて出かけていった。「お昼頃に帰る。帰るまえにLINEするね」そう言っていたので、たぶん連絡はないが、昼頃には帰ってくるだろう。11時半。冷...

続きを読む

CIMG6042

手話, 日々の暮らし 2018.01.14

手話初め

金曜、今年初めての手話サークルがあった。NHK『みんなの手話』は観ていたものの、2週間のあいだ手話に触れていない。手の動きがすっかり読み取れなくなっていて、唖然とした。そ...

続きを読む

CIMG5999

その他, , 田舎で, 読書 2018.01.13

イヨマンテ IYOMANTE

きのうの朝8時前、車の温度計は-8℃だった。八ヶ岳は真っ白になっていた。神秘的、という言葉が思い浮かぶ。文字の通りに、神様の秘密が眠ってるみたいだ。すでに話者が5人ほどと...

続きを読む

CIMG5974

夫婦, 家族のこと, 日々の暮らし, 雑貨 2018.01.12

おもしろ日めくりカレンダー

今日1月12日、32回目の結婚記念日を迎えた。30回目で真珠婚。35回目は珊瑚婚。だが32回目は、名もない記念日である。名もないからというわけではないが、特に祝うこともな...

続きを読む

CIMG5884

からだのこと, ヨガ, 珈琲&お茶, 2018.01.11

十円玉ほどの円を描いて

今年お初の、ひめトレに行った。体幹を鍛え、姿勢矯正をする軽いタイプのヨガ「ひめトレ」を始めて、1年半。行けるときに行くという感じで続けているが、続けられているのは、歳若い...

続きを読む

CIMG5881

スイーツ, 2018.01.10

チョコレート、怖い

たまたま立ち寄ったローソンで買い物をして、くじを引いたらチョコレートが当たった。よく見るお洒落なパッケージの板チョコである。よく見るが、買ったことも食べたこともない。「甘...

続きを読む

CIMG5758

湊かなえ, 読書 2018.01.09

『物語のおわり』

ラストシーンのない小説を読んだとき、人は何を思うか。湊かなえ『物語のおわり』(朝日文庫)には、第1章『空の彼方』に、その小説(プリントされた原稿)「空の彼方」が置かれてい...

続きを読む

CIMG5802

夫婦, 家ご飯, 家族のこと, 2018.01.08

七草粥に

きのう7日の朝、何年かぶりに七草粥を炊いた。「七草粥、久しぶりだよねえ」夫に言うと、そうだっけ? と思い出せない様子。「だって、正月7日にきみが家にいること、ほとんどない...

続きを読む

1 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 47
CIMG1869

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.