CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

cimg2007

日々の暮らし, 雑感 2016.11.25

六角形のパラシュート

まだ11月だというのに、雪が積もっている。東京では11月に雪が降るのは54年ぶりだそうだ。なんとわたしが生まれた年である。山梨に越してきてからは、雪を見ても手放しに、ああ...

続きを読む

15193661_10207653055710756_2583295841857598585_n

田舎で, 花と木 2016.11.24

向日葵の涙

「今頃、向日葵が咲いてるらしいよ。ちょっと見に行こうか」夫が言ったのは、Jリーグチャンピオンシップのハーフタイム。「いいね」わたしもすぐ、上着をひっかけた。向日葵畑は、車...

続きを読む

cimg0999

日々の暮らし, 雑感 2016.11.23

遠い場所にあるシンプルライフ

マウスを買った。パソコンのマウスである。「いい加減に、マウス使えば?」夫には、これまで百回以上言われているが、使う気になれなかった。理由は、なくても済ませられるものをあえ...

続きを読む

cimg1825

家ご飯, 2016.11.22

翌朝の鍋

鍋をした翌朝は、たいていその鍋の残りで雑炊となる。夫婦二人の食卓なので、鍋の具がたくさん残っていれば、雑炊ではなくふたたび鍋を朝食に食べる。鍋は作り立ても美味いが、翌朝や...

続きを読む

cimg1763

映画, 鑑賞 2016.11.21

『この世界の片隅に』

アニメーション映画『この世界の片隅に』を、観た。第二次世界大戦の時代を生きた広島で生まれ育った女性、すずの物語だ。昭和19年。18歳になったすずは、思いもよらず見初められ...

続きを読む

cimg1666

, 2016.11.20

いつものカップで

「あ、久しぶり」声をかけたのは、お気に入りの珈琲カップに、である。珈琲用にたっぷりと入るマグカップを集めるのが好きで、気に入ったものを一つずつ買っては楽しんでいる。そのな...

続きを読む

cimg1802

田舎で, 薪ストーブ 2016.11.19

バウンドして跳ね返ってくるもの

足の上に、薪を落とした。ワンシーズンに1回はやる失敗である。薪ストーブ横の薪置き場となっているスペースに運ぶ際、1本1本丁寧に置くのが面倒臭くなり、どさっと落としたらワン...

続きを読む

cimg0936

日々の暮らし, 雑感 2016.11.18

ゆっくり歩いて

肺の手術をするため入院していた父が退院し、東京の実家に見舞いに行った。順調に回復しているようで、入院中よりずいぶんと元気になっていて、ちょうど弟と、父の妹である叔母も見舞...

続きを読む

cimg1719

東直子, 読書 2016.11.17

『とりつくしま』

東直子の連作短編集『とりつくしま』(ちくま文庫)を、読んだ。「とりつくしま」という言葉に魅かれたのだ。「とりつく暇がない」と間違えて言う人が多く、そのたびにぴぴっとアンテ...

続きを読む

cimg1725

家ご飯, 2016.11.16

鍋パーティー

先週末のこと。夫がサッカーの試合の後、チームメイトを呼んで鍋パーティーをするという。何人来るか判らないらしく、おでんだけ鍋いっぱい煮て、あとは買い出しも何も任せることにし...

続きを読む

cimg1689

日々の暮らし, 雑貨 2016.11.15

はりねずみグッズ

好きなものは、自然と集まってくる。わたしの場合は、それがはりねずみである。先日女子会をした友人からも、はりねずみの色鉛筆とクリップを貰った。酔いに任せて300円ショップを...

続きを読む

cimg1642

日々の暮らし, 雑感 2016.11.14

葡萄はたがいを見ながら熟す

東京に住む友人と、女子会をした。「たまにはゆっくり飲んで、泊っていきなよ」誘ってもらい、お言葉に甘えてそうすることにした。カレンダーに予定をかき楽しみにしていたのだが、当...

続きを読む

cimg1575

森博嗣, 読書 2016.11.13

『少し変わった子あります』

森博嗣の連作短編集『少し変わった子あります』(文春文庫)を、読んだ。本屋の店頭で手にとった理由は、森博嗣なのに薄い文庫本だったからだ。森博嗣と言えば、分厚い本。しかも長い...

続きを読む

cimg1583

家ご飯, 2016.11.12

魔法のアイテム

魔法のアイテムを、友人に教えてもらった。「茹で卵が、楽々剥けるグッズがあるよ」というわけで、百円ショップで、卵の穴あけ器を買った。卵の殻に小さな穴を開け、それから茹でるら...

続きを読む

1 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
CIMG6895

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

随筆かきます。

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.