CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

CIMG9346

田中兆子, 読書 2018.04.11

『甘いお菓子は食べません』

タイトルに魅かれた。わたし自身、甘いお菓子が食べられず、そのことに小さなコンプレックスを抱いているからだ。この小説集は、妻であることに、あるいは妻ではないことに、母である...

続きを読む

CIMG9500

田舎で, 花と木 2018.04.10

花桃

いつもと違う道を通ったら、思いがけず花桃の綺麗なお寺を見つけた。知らない道ではないが、通ることは少ない。これまで気づかなかったのは、この季節に通ったことがなかったのだろう...

続きを読む

AKN_1153

東野圭吾, 生き物, 田舎で, 読書 2018.04.09

日常のなかのワンシーンから

「あ、竜巻!」と言っても、小さな小さなものだ。庭仕事をしていて、枯れ葉を集めた箕(み)のなかで、一瞬枯れ葉がくるくると渦を描いた。箕のコの字型になった囲いが、風の舞を誘っ...

続きを読む

CIMG9479

からだのこと, 健康, 田舎で, 2018.04.08

空を見上げて

「飛行機、観たことないでしょう?」「ありますよ、飛行機ぐらい」「空を飛んでる奴だよ?」「ああ、こうなってからはないですね」こんな会話が交わされたという。首が動かなくて上を...

続きを読む

CIMG9153

田舎で, 花と木 2018.04.07

解き放たれていく、水仙

庭の水仙が、そろそろ咲き終わる。玄関側に植えた八重の水仙は、まだ半分蕾だけれど。毎年花が終わる頃に思うのだが、黄色の色も濃く咲き始める水仙が、次第に色を落としていく。その...

続きを読む

CIMG9461

東野圭吾, 田舎で, 花と木, 読書 2018.04.06

徳光さん、今でも雪柳が好きですか?

庭の雪柳が咲いた。まだ蕾も多いので、しばらく楽しめそうだ。雪柳が咲くたびに、思い出す人がいる。アナウンサーの徳光和夫さんだ。たしか彼が、朝のニュース番組のアナウンサーをし...

続きを読む

CIMG9329

外ご飯, 2018.04.05

あ、ここ来たことある!

東京に出た際、銀座の居酒屋『魚○本店』に飲みに行った。BS朝日で『高田純次のぶらり!夜の盛り場はしご酒』を夫婦で観ていて、ここ行ってみようかという話になった。ふたりして熱...

続きを読む

CIMG9189

田舎で, 花と木, 読書, 青山美智子 2018.04.04

何色が好き?

きのう紹介した『木曜日にはココアを』のなかで、引用したシーンがいつまでも胸に残っている。「ねえ、心理テストです。何色が好き?」唐突に言われて、ラルフさんは戸惑いました。し...

続きを読む

CIMG9244

読書, 青山美智子 2018.04.03

『木曜日にはココアを』

驚いた。やっぱり本の神様は、いるのだ。友人に貰った本を読んだ。「たぶん、好きだと思うよ」そう言って、手渡してくれた。『木曜日にはココアを』(宝島社)は、12編の連作短編集...

続きを読む

CIMG9113

田舎で, 薪ストーブ 2018.04.02

嘘がつけない性質

薪ストーブに、火を入れるか入れないか迷いながら三寒四温を繰り返す季節。ふと思い出したことがある。小学2年の冬のことだ。あの頃東京の小学校の暖房は石炭ストーブで、ストーブ係...

続きを読む

CIMG9093

家ご飯, 田舎で, 花と木, 2018.04.01

行く道と帰る道

「お嬢さん」紳士に、呼び止められた。「上で苺、買ってきたんけ?」何のことはない、ウォーキングしていて、畑仕事をしていたおじ様に呼び止められただけのこと。いくつになっても「...

続きを読む

CIMG9092

おしゃれ, その他, 日々の暮らし, 読書 2018.03.31

『はさみ』

東京でホテルに泊まると、ときに不便を感じることがある。ハサミがないのだ。先日も、夫に頼まれてタオルハンカチを何枚か購入したのだが、すぐに使うとは思わずタグを外してもらわな...

続きを読む

CIMG8909

外ご飯, 家仕事, 日々の暮らし, 2018.03.30

お母さん、あれどこにある?

東京では、1年ぶりになる友人とランチした。東京駅前の『KITTE』の1階で11時。1年ぶりになったが、待ち合わせはいつもと同じだ。近況をとりとめもなくしゃべっているうちに...

続きを読む

CIMG8972

, 東京 2018.03.29

桜がひらくときこぼれ落ちるもの

東京に出た際、千鳥ヶ淵緑道を歩いた。桜が満開だった。人は多かったが、みなゆったりとした心持ちで譲り合っているのがわかる。カメラを構え立ち止まる人も、それを追い越して歩く人...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 43
CIMG9620

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.