CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 2020.09.11

生キクラゲ

「白州・山の水農場」の生キクラゲを楽しんでいる。手にとると分厚く、やわらかく、ぷるんぷるんとしていて、さすが「木」の「くらげ」と呼ばれるだけあると感心する。乾燥キクラゲを...

続きを読む

, 四季, , 田舎で 2020.09.10

冷え込んだ朝に

「あれ? 初冠雪!」窓の外の八ヶ岳に、白いものがのっている。起き抜けに、ひとりごちる。久しぶりに、肌寒いほどの朝だった。すぐにキャットウォークに、カメラを持って登った。や...

続きを読む

彩瀬まる, 読書 2020.09.09

『あのひとは蜘蛛を潰せない』

チェーンのドラッグストア店長の梨枝(28歳)は、母親とふたり暮らし。厳しい母に逆らうこともせずにきたのは、母親が赤ん坊だった弟を亡くし、それゆえ夫にも捨てられたかわいそう...

続きを読む

外ご飯, 山梨, , 2020.09.08

カフェという空間

週末、久しぶりにカフェ「Iru(イル)」で、夫とランチした。息子よりも年下の若い店長がシェフをしていて、フィレンツェ名物ランプレドットサンド(モツの煮込みバーガー)がめち...

続きを読む

家ご飯, , 2020.09.07

新しい器

若い友人夫婦が、新しくギャラリーをオープンした。「日と月」という名の陶器を中心にしたギャラリーで、シンプルで洒落ていてとても素敵な空間になっていた。大好きな陶器をゆっくり...

続きを読む

家ご飯, 石田ゆり子, , 読書 2020.09.06

万能香味ダレ

石田ゆり子の写真エッセイ集『Lily―日々のカケラ―』に乗っていたレシピで、油淋鶏をよく作る。タレに、生姜1個、にんにく2片、葱1本をみじん切りにしていれるという豪快さが...

続きを読む

井上荒野, 読書 2020.09.05

『それを愛とまちがえるから』

井上荒野という穴に落ち、沼にハマり、読み続けている。セックスレスに悩む伽耶(かや)は、結婚15年目の41歳。夫の匡(ただし)は、ひとつ年上の42歳だ。「あなた、恋人がいる...

続きを読む

家ご飯, おしゃれ, 日々の暮らし, 雑貨, 2020.09.04

夫婦の箸

妙なタイミングで、箸が折れた。夕食を食べながら、ドラマ『すぐに死ぬんだから』の録画を夫と観ていた。2話、主人公忍ハナは、死んだ夫に隠し子がいたことを知る。まさにそのシーン...

続きを読む

家ご飯, 2020.09.03

米茄子の鶏そぼろあん

米茄子をいただいた。大きく丸いその茄子を、その場でハサミで採ってくれた。「痛っ!」指に茄子の棘が刺さっても、夫は大喜びだ。彼は米茄子が好きというよりは、学生時代に行きつけ...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2020.09.02

大滝湧水にて

ここ北杜市は、水が美味しいところである。南アルプス連峰。八ヶ岳。茅が岳に金が岳。山に囲まれたこの場所は、山々と森のなかで育まれた伏流水が眠り、湧き出す。「大滝湧水」の記事...

続きを読む

家ご飯, 2020.09.01

オクラを山葵醤油で

「オクラは、山葵醤油だよ。酒の肴にいくらでも食べられる」夫が、サッカーのチームメイトにオクラをいただいてきた。今まで栽培したオクラのなかでいちばん美味しいと太鼓判のアーリ...

続きを読む

馳星周, 読書 2020.08.31

『少年と犬』

163回直木賞を受賞した馳星周『少年と犬』は、東日本大震災で飼い主とはぐれた「多聞(たもん)」が寄り添う人たちを描いた6編の連作短編集だ。「男と犬」震災から半年後の仙台、...

続きを読む

花と木, 田舎で 2020.08.30

ボタンヅルとセンニンソウ

以前調べた花なのに、すっかり忘れている。ということがよくある。夫と散歩していて、花の名前を聞かれたが、うる覚えだ。「たしか、センニンソウだったような」ここまで思い出せれば...

続きを読む

家ご飯, 2020.08.29

パプリカのアンチョビマリネ

ミニ胡蝶蘭と一緒に、大きなパプリカをいただいた。4つもあるので、何を作ろうかとネットレシピを検索すると、「パプリカのアンチョビマリネ」が美味しそうだったので、それにした。...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 106

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.