CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

島本理生, 読書 2018.08.07

『シルエット』

『シルエット』は、35歳で直木賞を受賞した島本理生が、17歳のときに執筆。群像新人文学賞優秀作に選ばれたデビュー作である。何ヵ月も何ヵ月も雨が降り続き、もしかしたらこのま...

続きを読む

花と木, 珈琲&お茶, , 田舎で 2018.08.06

梅サワー&プラムサワー

7月は、暑く長かった。10日間のホーチミン出張に同行したこともあったが、帰国してから夫が体調を崩し、氷を買いに何度もコンビニに走ったり、エアコンを取りつけたり、病院への送...

続きを読む

島本理生, 読書 2018.08.05

『ファーストラブ』

「動機はそちらで見つけてください」アナウンサー志望の女子大生【聖山環菜(ひじりやまかんな)】(22歳)は、父親を刺殺し、夕刻の多摩川沿いを血まみれで歩いていた。環菜が警察...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2018.08.04

地球の真ん中から手を伸ばして

葡萄園の取材に行ったとき、おもしろいものを見つけた。「ここが 地球の真ん中です」とかかれた石碑のようなものだ。しかしその横には、読み人知らず、ではなく「宇宙人」とある。一...

続きを読む

家ご飯, 親子, , 家族のこと 2018.08.03

ヴィシソワーズは、母の味

「じゃが芋の冷たいスープが食べたい」バテ気味の夫のリクエストで、ヴィシソワーズを作った。普段作らないので、ネットの簡単レシピを参考にして、ふたり分だけ作り冷蔵庫で冷やした...

続きを読む

生き物, おしゃれ, 日々の暮らし, 田舎で 2018.08.02

踵に自由を

ベッドから右足をはみださせ、踵を宙に浮かして眠るのが癖だ。踵がベッドにくっついているのが苦手、というか違和感を覚えてしまい、自然とそういう眠り方になっている。もちろんその...

続きを読む

漫画, 読書 2018.08.01

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』

志乃ちゃんは、自分の名前が言えない。母音から発音する言葉が言いづらい、というより言葉にならないのだ。それなのに、彼女の名前は大島志乃。母音ダブルで始まる厄介な名に生まれた...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2018.07.31

向日葵とアボリジニの絵

先週、何度か明野町の向日葵畑の写真を撮りに出かけた。『地球の歩き方』特派員ブログの取材だが、同じ町内。車で5分の勝手知ったる場所である。取材というほどのこともしていない。...

続きを読む

その他, , 田舎で, 読書 2018.07.30

カラスが飛び立ち、梨が落ちる

先週、先々週の『みんなの手話』で、手話で絵本を朗読するコーナーがあり、『まっくろネリノ』(偕成社)を、手話と併せて身体全体で表現していた。手話を話す人は、いつも思うがとて...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2018.07.29

心の揺らぎ

人の気持ちというものは、ほんの些細なことで色を変える。例えば、雨に気づいた途端、信号待ちする隣りの見知らぬ人が傘を開く。その瞬間、胸のなかで何かが弾ける。また例えば、木漏...

続きを読む

健康, 花と木, からだのこと, 田舎で 2018.07.28

狭間の世代

急いでいたため、取りつけたエアコンは夫の友人である電気屋さんにすべてお任せした。少し型が古いようで大き目だ。そしてリモコンの文字もまた、かなり、もうかなりしっかりと大きく...

続きを読む

花と木, 田舎で 2018.07.27

桔梗の色

毎年のことだが、庭に咲いた桔梗の花を見ると、その深い青に吸いこまれそうになる。桔梗は「青みがかった紫」と表現される色合いの花だが、我が家の桔梗は「紫がかった青」だ。ピンク...

続きを読む

湊かなえ, 読書 2018.07.26

『ユートピア』

太平洋を望む鼻崎町は、人口7,000人の港町。近隣の大きな市に吸収合併されることなく町としてやっていけるのは、日本有数の食品加工会社八海水産の国内最大工場があるからだ。そ...

続きを読む

珈琲&お茶, 日々の暮らし, , 雑感 2018.07.25

コンビニですれ違う人

コンビニには、様々な人が出入りする。用はなくとも、ふらりと立ち寄る人。ファミチキとななちきを食べくらべしようと、不意に思いついた人。発売日に、週刊誌をまっしぐらに買いに来...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 51

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.