CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2020.03.04

目に見えないもの

月曜の朝は、濃い霧に包まれていた。普段は目に見えない空気のなかの水滴が霧となり、こうして見えている。不思議だ。考えてみれば、わたしたちは目に見えないものに囲まれ、日々暮ら...

続きを読む

, 山梨, 田舎で, 2020.03.03

いつも車で通り過ぎる道を

取材に出かけるのも考えてしまうような状況になってしまった。それでも月4本はアップしなければならず、富士山を追いかけている。3月初めの記事をかくため、通るたびに富士山が綺麗...

続きを読む

家ご飯, 健康, 珈琲&お茶, , からだのこと 2020.03.02

起き抜けの待ち時間

朝起き抜けに、湯を沸かす。そしてデトックス茶に湯を注ぎ10分待つ。その10分の待ち時間に、洗面所に顔を洗いに行くのが最近の朝のスタート。このデトックス茶。身体の老廃物を排...

続きを読む

若竹七海, 読書 2020.03.01

『不穏な眠り』

ドラマ化? わたしの葉村晶が、やっと。嗚呼!NHKもようやく葉村晶の魅力に気づいたようで、今ドラマ10で「ハムラアキラ」がやっている。彼女の魅力は、何といってもワイズラッ...

続きを読む

花と木, おしゃれ, 日々の暮らし, 雑貨, 田舎で 2020.02.29

虹色グラデーション

エッセイサークルの友人が、マフラーを編んでくださった。短めの通し穴に入れるタイプのマフラーで、穴の部分がお花になっていて、お花でまとめたように見える。色はブルーや紫やピン...

続きを読む

家ご飯, 2020.02.28

山蕗と山椒の佃煮

京都の尊敬する人生の先輩とも言える年上の友人から、佃煮が届いた。手話教室のバザーで買った手作りバッグを送ったら、気を使ってくださったのだ。バッグは猫柄で、しっかりしたリバ...

続きを読む

家ご飯, 2020.02.27

明石焼き

休日、午後3時過ぎにラーメンを食べてしまい、夕飯何にしようかと迷い道にハマった。ひとりなら、ビールと冷蔵庫探検隊で終わるのだが、夫は毎食きちんと食べないと気がすまない性質...

続きを読む

映画, 鑑賞 2020.02.26

『パラサイト 半地下の家族』

アカデミー賞作品賞、監督賞、国際長編映画賞、脚本賞を受賞した韓国映画『パラサイト 半地下の家族』。〈story〉事業に失敗し続け働き口がないのに陽気な父キム・ギテク。そん...

続きを読む

花と木, 生き物, 薪ストーブ, 田舎で 2020.02.25

森日和

庭と地続きの隣りの林を、休日ごとに夫が整備している。八ヶ岳から吹き下ろす「八ヶ岳おろし」と呼ばれる木枯らしが荒れ狂うことの多いこの季節に、ふっと風がやんだ日など、「今日は...

続きを読む

家ご飯, 2020.02.24

おでんの辛子

おでんを煮たのに、辛子を切らすという失態を犯した。残り少ないチューブの和辛子を夫に譲り、どうしようかと考えあぐね、柚子胡椒で食べてみることにした。おでんの薬味も、地方によ...

続きを読む

生き物, 珈琲&お茶, , 田舎で 2020.02.23

珈琲豆の出し殻

珈琲豆の出し殻がいいと聞いた。猫避けである。猫が嫌いなわけではない。飼ったことはないけれど、わたし自身は猫派に属していると思う。彼らの気ままさに魅かれる気持ちもある。しか...

続きを読む

家ご飯, 沖縄, , 2020.02.22

五穀ご飯

沖縄の旅でランチしたカフェ「浮島ガーデン」で、「久高島五穀」なるものを購入した。すべて無農薬栽培の久高島産のタカキビ、裸麦、小豆と波照間産モチキビ、西表島産赤米がミックス...

続きを読む

丸山正樹, 読書 2020.02.21

『龍の耳を君に~デフ・ヴォイス新章』

『デフ・ヴォイス』シリーズは、3冊出ていて、その2冊目を手話教室の友人に貸していただいた。順番は前後したけれど、以下の紹介はこちら。1冊目『デフ・ヴォイス』3冊目『慟哭は...

続きを読む

手話, 山梨, 日々の暮らし, 2020.02.20

手話まつりの取材で

今年も、「手話まつり」の告知記事をかいた。その取材も兼ね、日曜日のバザーのお手伝いに行った。久しぶりの雨だったが、甲府駅前で行われている月に1度のマルシェ「ソライチ」はに...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 93

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.