CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

生き物, 田舎で 2020.08.28

けろじの瞬き

けろじが瞬きしている瞬間を、目撃した。ウッドデッキにシェードをとりつけようと、2階のベランダに出て夫と布を押さえたり紐を引っ張ったりしていると、じっとこちらを見るけろじが...

続きを読む

井上荒野, ドラマ, 読書, 鑑賞 2020.08.27

ドラマ『潤一』

井上荒野の連作短編集『潤一』は、9人の女と潤一との別れなどというものすら持たない出会いを描いていたが、ドラマは、そのなかの6人の女をクローズアップしていた。印象的だったの...

続きを読む

花と木, , 日々の暮らし, 田舎で 2020.08.26

花々はもの言わず

トイレの一輪挿しに活けた庭のローズマリーと吾亦紅に、日々癒されている。一輪挿しは四角い鉄細工で、片側にこれまた四角い穴があいた風変わりなもので、何年か前に渋谷を歩いていて...

続きを読む

, 家仕事, 日々の暮らし, 雑貨 2020.08.25

玄関の模様替え

久しぶりに、玄関の模様替えをした。夫の誕生日は6月だったのだが、ひと月過ぎた頃に欲しいものがあるというのでプレゼントすることにした。ふたり馴染みの雑貨屋の床に置いてあった...

続きを読む

花と木, , 山梨, 田舎で, 2020.08.24

川涼み

お盆休みに出かけた瑞牆さんぽの様子を、特派員ブログにアップした。タイトルを考えていて「川涼み」はどうかと思い、正しい日本語でそういう言葉があるのかと調べてみると、俳句の夏...

続きを読む

井上荒野, 読書 2020.08.23

『ママがやった』

79歳の母から3人の子どもたちのもとへ電話が行く。父を殺した、と。そんな衝撃的シーンから始まる8編から成る井上荒野の連作短編集は、とても哀しくもあるのだが、しかしそこはか...

続きを読む

家ご飯, 2020.08.22

とうもろこしご飯

とうもろこしを収穫させてもらったとき、茹でて食べたのも美味しかったが、とうもろこしご飯も炊いた。実を削いでといでおいた米に入れ、普段通りに炊く。味つけは酒と塩少々。その際...

続きを読む

花と木, 田舎で 2020.08.21

野の花いろいろ

瑞牆山から流れる本谷川へ涼みに行ったとき、知らない花をいくつも見かけた。Facebookで参加しているグループ「山野草・雑木・雑談を楽しむコミ」でひとつひとつ訊いてみると...

続きを読む

井上荒野, 読書 2020.08.20

『潤一』

井上荒野の連作短編集『潤一』は、島清恋愛文学賞を受賞し、2019年にドラマ化されている。彼は滴り、こぼれ落ちる。女の隙間にそっと忍びこみ、一生消えない記憶をのこしていく男...

続きを読む

, 田舎で 2020.08.19

山から秋が始まってゆく

夏至は過ぎたが、残暑などとは思えない猛暑が続いている。ところがお盆を過ぎた途端、まるで夏バテでもしたかのように霞んでいた山々が、朝夕の涼しい時間に輪郭をくっきりとさせ始め...

続きを読む

健康, 珈琲&お茶, , からだのこと 2020.08.18

レモン白湯ダイエット

ハーブに詳しい若い友人に、レモン白湯をススメられた。朝起き抜けにレモンを入れた白湯を、ゆっくりと飲む。それだけでデトックス効果があるそうだ。じつは1週間、禁酒していた。そ...

続きを読む

四季, 山梨, 田舎で, 2020.08.17

川面を眺めて

「瑞牆(みずがき)の川の辺りまで、涼みに行かない?」何も予定のない週末、ふと思い立ったというように夫が言った。瑞牆と言われてピンとこなかったが、2年前にもみじ祭りウォーク...

続きを読む

彩瀬まる, 読書 2020.08.16

『骨を彩る』

彩瀬まるの5編からなる連作短編集。すべて〈骨〉をテーマ、あるいはモチーフにしている。「指のたより」津村(40代)は、久しぶりに若くして病死した妻の夢を見た。光恵(32歳)...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2020.08.15

茗荷の花

庭の茗荷が、旬を迎えている。畑では花が咲き、ここにいるよと主張する。ゴム手袋をして、ひとつひとつ掘り、収穫していく。土の中から、茗荷のくすんだピンク色が顔を出す。20近く...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 106

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.