CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

CIMG8430

, 韓国 2018.03.14

楽しいことを思いっきりやろう!

上原さんは、小さい。自ら背番号32を選び、32は「ミニ」つまり小さいからと話す彼は、氷上の姿を見おろし、確かに同じチームの誰よりも小さいと実感した。いちばん小さな選手を探...

続きを読む

CIMG8316

外ご飯, , 韓国, 2018.03.13

シンプルな旅もいい

韓国への旅の目的は、2つだけ。パラアイスホッケーの日本代表を、応援する。そして、美味しいものを食べる。とてもシンプルだ。肝心のパラリンピックのチケットがギリギリまで手に入...

続きを読む

CIMG8415

, 韓国 2018.03.12

上原大祐さんのこと

上原大祐さんとの出会いは、「車いすスポーツGOMI拾い」だった。NPO法人『D-SHiPS32 』が運営するプロジェクトで、参加者が車椅子に乗り、街のゴミ拾いをするスポー...

続きを読む

CIMG7480

森絵都, 読書 2018.03.11

『あの日以降』

3月11日。東日本大震災をテーマに据えた小説をひとつ、紹介しようと思う。森絵都の短編『あの日以降』は、東京で借家をシェアし3人で暮らす30代後半の女性たち。彼女らの201...

続きを読む

CIMG8266

日々の暮らし, 雑感 2018.03.10

小さな小さなアタリ

アタリ。ハズレ。何でもない福引きでも、ちょっとトキメクその響き。毎日の生活のなかにも、小さな小さな「アタリ」はある。たとえば、毎週、最寄りのヤマト運輸に出しに行く荷物。受...

続きを読む

CIMG8253

夫婦, 家族のこと, 珈琲&お茶, 2018.03.09

ふたりでお茶を

きみは、愛する人にお茶を淹れることに、幸せを感じないの?読んだ本の名を忘れても、フレーズだけが残ることがある。何十年も前に出版された、ひとりの女性のエッセイ集だったと思う...

続きを読む

CIMG8235

家族のこと, 田舎で, 花と木, 親子 2018.03.08

子どもの話は孫の話

神戸に帰省すると、もっぱら聞き役に回るわたしだが、こちらから進んで持ち出す話題もある。子どもたちのことだ。「このあいだ、わたしの誕生祝いにって、娘たちが食事に誘ってくれた...

続きを読む

CIMG8162

外ご飯, , 神戸, 2018.03.07

類稀なる、いつもの焼肉屋

月曜日、義母の半年に一度の定期検診に同行した。心臓弁膜症の手術をしてから2年。バリアフリーマンションに移り、暮らしも落ち着いているようだ。義母は変わらずおしゃべりで、元気...

続きを読む

CIMG7480

森絵都, 読書 2018.03.06

『漁師の愛人』

「怒り」について、考えさせられた。森絵都の短編集『漁師の愛人』(文春文庫)には、表題作と『あの日以降』という中編2編と、掌編とも言える短編が3編収められている。掌編3編は...

続きを読む

CIMG8116

その他, ドラマ, 読書, 鑑賞 2018.03.05

優しい人になりたい

ドラマ『anone』を、毎週楽しみに観ている。そのなかで、とてもなつかしいセリフを耳にした。優しい人になりたい小学生男子のセリフだ。大人になったら何になりたいかという問い...

続きを読む

CIMG8139

芝居, 鑑賞 2018.03.04

『大刀丘山の朝日に抱かれて-トシコの進学』

ミュージカル『大刀丘山の朝日に抱かれて-トシコの進学』を観た。雨や嵐や 凍える夜も 耐えて忍べば いつかは晴れる今は甲斐市となった、山梨は敷島北部平見城地区開拓の歴史を語...

続きを読む

CIMG8074

おしゃれ, , 日々の暮らし, 田舎で 2018.03.03

毎日のなかの小さなストレス

2カ月ぶりに髪を切った。といっても、3cmほど。毛先を揃えたとも言えるくらいだ。たったそれだけのことだが、小さなストレスがなくなった。特別、不便とか、面倒とは思っていなか...

続きを読む

CIMG8070

石田ゆり子, 読書 2018.03.02

手にとって触れることのできないもの

ふたたび、石田ゆり子のエッセイ集『Lily-日々のカケラ-』から、感じたこと、思うこと。「見る」とか「想像する」「思う」とか、そういう手にとって触れることのできないもの、...

続きを読む

CIMG8038

手話, 日々の暮らし 2018.03.01

納得体質 その2

納得体質である。何事もまず受け入れてしまう。とりあえず納得してしまう。そういう性質(たち)。悪い癖だ。先週も、こんなことがあった。毎週、手話サークルに行く前にNHK『みん...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 43
CIMG9620

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.