CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

四季, , 田舎で 2020.06.01

夕暮れ散歩

陽暮れが少しずつ遅くなっている。週末、夕刻も6時を回ってから、夫と散歩に出た。40分ほどのコースをのんびり歩くと、ちょうど陽が沈むところを眺めながら歩くことになった。我が...

続きを読む

手話, 日々の暮らし, 雑貨 2020.05.31

マスク作り、その後

マスクが店頭に並び始めた今も、マスク作りを続けている。お洒落な布マスクにハマった人も多いと聞くが、そのひとりである。どうせなら誰かの役に立てるようにと考えて、半月前からカ...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2020.05.30

テイクアウトご飯~仁田平マルシェ

そろそろゆっくりランチに出かけたいなあと思いながらも、テイクアウトランチを楽しんでいる。スープが冷めない距離とも言える車で5分ほどの「仁田平マルシェ」には、2度買いに出か...

続きを読む

家ご飯, 2020.05.29

馬刺し「タテガミ」

ふるさと納税でいただいた益城町の馬刺しを楽しんでいる。なかでも初めて食べたコウネという部位「タテガミ」が驚くほど美味かった。コリコリとした食感で、脂身なのだがさっぱりして...

続きを読む

井上荒野, 小川洋子, 彩瀬まる, 住野よる, 読書 2020.05.28

本屋を歩く

とても久しぶりに、本屋をゆっくりと歩いた。ショッピングモールとまではいかない田舎のショッピングセンター内にある本屋は、スペースは広々としていて、人は少ない。小説も新刊コー...

続きを読む

花と木, 田舎で 2020.05.27

眠るマツバギク

マツバギクは、眠る。知らなかったわけではないような気もするが、あらためて知った。日曜に、夫と庭仕事をしていた。そのとき、マツバギクを一輪、差し出された。「間違えて刈っちゃ...

続きを読む

井上荒野, 読書 2020.05.26

『赤へ』

井上荒野は、短編集がいい。『つやのよる』も衝撃的でおもしろかったが、荒野の長編を読むには体力がいる。重いのだ。『虫の息』『時計』『逃げる』『ドア』『ボトルシップ』『赤へ』...

続きを読む

生き物, 田舎で 2020.05.25

ハクセキレイ~ちょっといいこと

最近よくハクセキレイを見かける。スーパーの駐車場や道路などを歩く姿も見られる、警戒心があまり強くない野鳥だ。しっぽをフリフリする仕草に愛嬌があり、とても可愛らしい。ハクセ...

続きを読む

家仕事, 日々の暮らし, 雑貨 2020.05.24

はりねずみのクリーナー

友人から、はりねずみグッズが届いた。大判のタオルハンカチと、パソコンクリーナーだ。それがなんとも可愛らしい。大切に使おうと思う。ところで、何度も言うようだがわたしは掃除が...

続きを読む

家ご飯, ヨガ, , からだのこと 2020.05.23

ステイホームだからこそ

今週は、美容室に行き、ヨガ教室にも出かけた。人間らしい暮らしが戻ったようで、ホッとする。誰かと他愛ないおしゃべりをすることが、どれほど心のビタミンになるか実感した。それで...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2020.05.22

とびきり美味しいよ「明野さくらんぼ」

町内にあるさくらんぼ観光農園のホームページ立ち上げに、かかわった。明野さくらんぼ観光農園は、今、窮地に立たされている。旅行会社のさくらんぼ狩りツアーがすべてキャンセルにな...

続きを読む

健康, 珈琲&お茶, , からだのこと 2020.05.21

二重にガードして

近所にあるハーブのお店「camino natural Lab」で買った抗菌抗真菌ジェルを、外出まえに鼻の孔に塗っている。そうすることで、鼻から様々な菌が入ってくるのを防い...

続きを読む

健康, おしゃれ, 日々の暮らし, からだのこと 2020.05.20

ミトン型のハンドパック

東京の友人たち3人に、手作りマスクと一緒に、ハンドパックを送った。洗いすぎた手にちょっとでも優しくと、まとめ買いしたものを1枚ずつだが封筒に忍ばせた。「マスク、可愛い」「...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2020.05.19

ハリギリ

夫のチームメイトに、山菜をいただいた。その数種類の山菜のなかには、初めて見る「ハリギリ」なるものがあった。漢字では、「針桐」とかく。ウコギ科の植物で、タラの芽と同じように...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 101

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.