CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

ポルトガル, 2019.03.08

バスの車窓から~ロカ岬へ

リスボンで移動手段として初めて乗ったのは、地下鉄だ。空港につながっているメトロの駅で、プリペイドカードを購入。30€をチャージする。プリペイドは、メトロは1回乗って1.5...

続きを読む

ポルトガル, 2019.03.07

願いを叶えてくれる手

テージョ川沿いに建つ『ジェロニモス修道院』は、白く美しい。ポルトガル建築の最高峰と讃えられるこの建物は、ヴァスコ・ダ・ガマのインド航路発見を記念して建てられた。その後植民...

続きを読む

ポルトガル, 2019.03.06

天井のない教会

「高い地区」という名を持つバイロ・アルトは、その名の通り丘の上にある。坂があまりにも急なのでケーブルカーのグロリア線で登ろうと計画していたのだが、行ってみると始点から終点...

続きを読む

ポルトガル, 2019.03.05

サボローゾ?

付け焼き刃だが、少しだけポルトガル語を覚えて来た。「おはよう」は、Bon dia(ボンディア)。「こんにちは」は、Bona tarde(ボナタルデ)。「はい」は、Sim(...

続きを読む

ポルトガル, 2019.03.04

なぜかなつかしいバカリャウ料理

その土地に行ったらその土地のものを食べたい。ポルトガルでは、むかし近海で大量に獲れ保存食にしていたバカリャウ(干し鱈)の料理が名物らしい。しかしメニューは難解だ。英語メニ...

続きを読む

ポルトガル, 2019.03.03

石畳の街リスボン

ポルトガルへ行こうという話になったのは、2年ほど前のことだろうか。俳優、柄本佑の旅番組をテレビで観たときだった。ポルトガル映画の巨匠オリヴェイラ監督が撮った作品が好きでポ...

続きを読む

親子, ポルトガル, 家族のこと, 2019.03.02

『家庭で作れるポルトガル料理』

誕生日に、上の娘からプレゼントが届いた。ブルーの包みにイエローのリボン。包みは平たい。開けてみると『家庭で作れるポルトガル料理』。料理本だ。ポルトガルへ旅すると知り、贈っ...

続きを読む

家ご飯, 2019.03.01

だし巻き卵

生みたての卵をたくさんいただいた。黄身の黄色い卵である。久しぶりにだし巻き卵を焼こうと、卵焼きパンを新調した。古い卵焼きパンのテフロンが剥げてきていて気になっていた。卵を...

続きを読む

奥田英朗, 読書 2019.02.28

『向田理髪店』

新刊の頃、本屋で手にとっては我慢していた『向田理髪店』が、ようやく文庫になった。うれしい。奥田英朗のハートウォーミングタイプの連作短編集である。奥田英朗のハートウォーミン...

続きを読む

家ご飯, 川上弘美, , 読書 2019.02.27

肉厚なパプリカ

大きなパプリカをいただいた。これまでにないような肉厚なパプリカだ。明野産のものだという。手にした瞬間に「赤ピーマンのロースト」にしようと決めた。川上弘美の大好きな連作短編...

続きを読む

ヨガ, スイーツ, , からだのこと 2019.02.26

文旦の黄色

文旦をいただいた。まん丸く大きく、やわらかな黄色をしている。居間のテーブルに置くと、いい香りがして、その色と大きさには存在感がある。剥くと瑞々しく酸味が心地いい。すべての...

続きを読む

花と木, おしゃれ, 日々の暮らし, 雑貨, 田舎で 2019.02.25

眉の形

「どこか、眉カットしてくれるところ、知らない?」行きつけの美容室で、ふと思いついて訊いてみると、「ここで、できますよ」ということで、毎月のヘアカットの際に眉もカットしても...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , , 田舎で 2019.02.24

夕焼けとふきのとう

庭にふきのとうが出てきたので、夕食に天麩羅にしようとひとりで摘んだ。このところちょっと疲れた顔をしている夫が、喜ぶだろうなと思ったからだ。早い特急に乗れたとLINEがあり...

続きを読む

朝井リョウ, 読書 2019.02.23

『世にも奇妙な君物語』

「オチがすごい!」と黄色に赤文字で大きく描かれた帯の下品さに魅かれ手にしたのは、もちろん朝井リョウだったからに他ならない。直木賞受賞作『何者』は、信頼に値する作家だと教え...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 68

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.