CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2019.04.23

ウドづくしの週末でした

土曜日、ご近所さんにウドをいただいた。庭で採れたものだそうだ。ずっしり太く、皮は赤紫色で、葉先は眠りから目覚めていないようにうつむいている。刻むとすぐに手が灰汁でべとべと...

続きを読む

日々の暮らし, 雑感 2019.04.22

2つの橋

橋を渡ろうとしていた。橋には雪が3センチほど積もり、細い自転車くらいの轍から凍っていることがわかる。手すりというか防護柵はなく、幅は1mくらいある。何ごともなければ渡り切...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , , 田舎で 2019.04.21

朝の散歩

土曜の朝、夫に誘われ久しぶりに散歩した。風もなく、雲ひとつない空が青く青く広がっていた。標高600mの我が家より上へ向かうと、だんだんと景色が開けてくる。八ヶ岳も南アルプ...

続きを読む

家ご飯, 2019.04.20

筑前煮

「筑前煮、久しぶりだね」夫が、うれしそうに口に運ぶ。「むかしは、よく作ってたよね」「そうだっけ」それはたぶん、結婚したての頃のことだ。母は料理があまり得意ではない。わたし...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2019.04.19

お金じゃ買えないものを手にするチカラ

先週のこと。取材で山梨市にある『笛吹川フルーツ公園』へ行った。前の週から取材がてら友人とランチの約束をしていて、その日以外は空いていなかったので晴れるといいなと思いつつも...

続きを読む

三浦しをん, 読書 2019.04.18

『愛なき世界』

恋のライバルは草でした。(マジ)帯にある通り、洋食屋「円服亭」の見習い藤丸陽太が恋をした女性は、近所のT大で植物を研究する女性。結婚にも生殖にも興味がない私は、もしかして...

続きを読む

外ご飯, コンサート, , 鑑賞 2019.04.17

『Wonderful Tonight』

月曜日。髪を切った夜、夫婦でエリック・クラプトンのライブを聴きに行った。夫がクラプトンを聴き始めたのは中学生の頃からで、わたしは一緒に聴いているうちに自然と好きになった口...

続きを読む

花と木, おしゃれ, 日々の暮らし, 田舎で 2019.04.16

髪を切りました

髪を切った。春だから、というのもあるかも知れないが、長く伸ばしウェーブをかけた髪が今の自分と合わないようなもやもやした感じをここ3か月くらい抱えていた。可愛いらし過ぎる感...

続きを読む

家ご飯, 2019.04.15

スーパーで

スーパーで、ミネラルウォーターを箱で買ったときのこと。カートの下段に2ℓの水が6本入った段ボールを置いているので、いつものようにレジで声をかけた。「水も、お願いします」こ...

続きを読む

花と木, 田舎で 2019.04.14

コブシの花

「ああっ!」思わず、声を上げてしまった。「お父さん! お父さん!」と、大声で夫を呼ぶ。庭で日曜大工中の夫は手が離せないようだが、次のひと言で駆けつけた。「コブシの花が、咲...

続きを読む

漫画, 読書 2019.04.13

『きのう何食べた?』

ケンジは、すごい!何がすごいって、シロさんが作った料理に対するリアクションが。まず見た時点で、うれしそうな笑顔で素直な喜びを表現する。「あー何? ナスだ! うまそう!」食...

続きを読む

家ご飯, 2019.04.12

巨大エシャレット?

エシャレットを、買い忘れた。「久しぶりに、鮪アボカドユッケしようか」「いいね」という話になったのに、我が家の定番料理なのでレシピを確認することもなく買い物し、けれど久しぶ...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2019.04.11

春の雪、春のおでん

「春の雪」というのは、当然だが春の季語だそうだ。「でもこれ、春の雪っぽくない」ウッドデッキや庭に降り積もった雪を、眩しく眺める。ヨガに行く日だったので朝から車の雪掻きをし...

続きを読む

家ご飯, 2019.04.10

ハノイのおもてなし

たまに楽しんでいるカップ麺の『鶏だしフォー』に、新製品が登場した。『ハノイのおもてなし』という。スタンダードバージョンよりも、よりフォーの故郷ハノイの味に近づけたという。...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 73

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.