CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

井上荒野, 読書 2020.09.05

『それを愛とまちがえるから』

井上荒野という穴に落ち、沼にハマり、読み続けている。セックスレスに悩む伽耶(かや)は、結婚15年目の41歳。夫の匡(ただし)は、ひとつ年上の42歳だ。「あなた、恋人がいる...

続きを読む

家ご飯, おしゃれ, 日々の暮らし, 雑貨, 2020.09.04

夫婦の箸

妙なタイミングで、箸が折れた。夕食を食べながら、ドラマ『すぐに死ぬんだから』の録画を夫と観ていた。2話、主人公忍ハナは、死んだ夫に隠し子がいたことを知る。まさにそのシーン...

続きを読む

家ご飯, 2020.09.03

米茄子の鶏そぼろあん

米茄子をいただいた。大きく丸いその茄子を、その場でハサミで採ってくれた。「痛っ!」指に茄子の棘が刺さっても、夫は大喜びだ。彼は米茄子が好きというよりは、学生時代に行きつけ...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2020.09.02

大滝湧水にて

ここ北杜市は、水が美味しいところである。南アルプス連峰。八ヶ岳。茅が岳に金が岳。山に囲まれたこの場所は、山々と森のなかで育まれた伏流水が眠り、湧き出す。「大滝湧水」の記事...

続きを読む

家ご飯, 2020.09.01

オクラを山葵醤油で

「オクラは、山葵醤油だよ。酒の肴にいくらでも食べられる」夫が、サッカーのチームメイトにオクラをいただいてきた。今まで栽培したオクラのなかでいちばん美味しいと太鼓判のアーリ...

続きを読む

馳星周, 読書 2020.08.31

『少年と犬』

163回直木賞を受賞した馳星周『少年と犬』は、東日本大震災で飼い主とはぐれた「多聞(たもん)」が寄り添う人たちを描いた6編の連作短編集だ。「男と犬」震災から半年後の仙台、...

続きを読む

花と木, 田舎で 2020.08.30

ボタンヅルとセンニンソウ

以前調べた花なのに、すっかり忘れている。ということがよくある。夫と散歩していて、花の名前を聞かれたが、うる覚えだ。「たしか、センニンソウだったような」ここまで思い出せれば...

続きを読む

家ご飯, 2020.08.29

パプリカのアンチョビマリネ

ミニ胡蝶蘭と一緒に、大きなパプリカをいただいた。4つもあるので、何を作ろうかとネットレシピを検索すると、「パプリカのアンチョビマリネ」が美味しそうだったので、それにした。...

続きを読む

生き物, 田舎で 2020.08.28

けろじの瞬き

けろじが瞬きしている瞬間を、目撃した。ウッドデッキにシェードをとりつけようと、2階のベランダに出て夫と布を押さえたり紐を引っ張ったりしていると、じっとこちらを見るけろじが...

続きを読む

井上荒野, ドラマ, 読書, 鑑賞 2020.08.27

ドラマ『潤一』

井上荒野の連作短編集『潤一』は、9人の女と潤一との別れなどというものすら持たない出会いを描いていたが、ドラマは、そのなかの6人の女をクローズアップしていた。印象的だったの...

続きを読む

花と木, , 日々の暮らし, 田舎で 2020.08.26

花々はもの言わず

トイレの一輪挿しに活けた庭のローズマリーと吾亦紅に、日々癒されている。一輪挿しは四角い鉄細工で、片側にこれまた四角い穴があいた風変わりなもので、何年か前に渋谷を歩いていて...

続きを読む

, 家仕事, 日々の暮らし, 雑貨 2020.08.25

玄関の模様替え

久しぶりに、玄関の模様替えをした。夫の誕生日は6月だったのだが、ひと月過ぎた頃に欲しいものがあるというのでプレゼントすることにした。ふたり馴染みの雑貨屋の床に置いてあった...

続きを読む

花と木, , 山梨, 田舎で, 2020.08.24

川涼み

お盆休みに出かけた瑞牆さんぽの様子を、特派員ブログにアップした。タイトルを考えていて「川涼み」はどうかと思い、正しい日本語でそういう言葉があるのかと調べてみると、俳句の夏...

続きを読む

井上荒野, 読書 2020.08.23

『ママがやった』

79歳の母から3人の子どもたちのもとへ電話が行く。父を殺した、と。そんな衝撃的シーンから始まる8編から成る井上荒野の連作短編集は、とても哀しくもあるのだが、しかしそこはか...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 109

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.