CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

『出会いなおし』

ちょっと読書から離れていたので、ウォーミングアップに森絵都の6編から成る短編集を読んだ。短編集で、直木賞を受賞した作家である。

 

何度も読み返したその短編集『風に舞い上がるビニールシート』を含むコラムはこちら。

【いい知らせと悪い知らせがあります】

【主婦のおこづかい、どうしていますか?

 

「出会いなおし」

イラストレーターの時子は、初めての個展でナリキヨさんと再会する。若かった頃に担当してもらった雑誌編集者だ。

歳を重ねるということは、同じ相手に、何回も出会いなおすということだ。会うたびに知らない顔を見せ、人は立体的になる。

「カブとセロリの塩昆布サラダ」

徹底した手作り料理を食卓に並べてきた50代の清美は、その日デパ地下で「カブとセロリの塩昆布サラダ」を買う。

 

「ママ」

嘘だった。あなたの過去はまがいものだった。私たちの結婚生活は、偽りの集積だった――。

〈私〉は、赤ん坊を連れ、家を飛び出した。

 

「むすびめ」

ずっと避けてきた小学校の同窓会に、しかし琴は出席した。どうしても確かめたいことと、伝えなくてはならない思いを胸に。

私も――。目の縁ぎりぎりに涙を押し留めながら、私は声にならない声を返した。私もずっとあの日に捕らわれ続けてきた。ことあるごとに自ら傷口をえぐり、そして、弱気になっていた。どうせまた私は失敗する。自分のせいでみんなに迷惑をかける。悪いほうへ悪いほうへと考えては怖気てしりごみし、心の弱さをぜんぶあの店頭のせいにして、結局のところ、臆病な自分を甘やかしつづけていた。

「テールライト」

どうか、どうか、どうか――。

過去も国も、人間であることさえも超えて、心から誰かのために祈る瞬間を描いたオムニバス。

 

「青空」

9歳で母親を失った息子。最愛の妻を失った自分。ふたりの生活は綻びだらけだった。だがあきらめかけたその日、時間が時間を呼び、その青空はふたりの目の前に広がったのだった。

 

わたしにも、捕らわれ続けてきた「あの日」がある。

いつか、出会いなおせるのだろうか。それとも、来世に持ち越すのだろうか。

それは自分次第なのだということは、わかってはいるけれど。

「人は何度でも出会いなおせる」という帯の文句に魅かれました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.