CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

『贖罪』

「あんたたちは人殺しよ!」
人殺し――世界が一変しました。
あの事件以来、苦しい思いをしながらがんばってきたのに、まだ報われないどころか、まるで自分たちのせいでエミリちゃんが死んだように言われたのです。お母さんはさらに続けました。
「わたしはあんたたちを絶対に許さない。時効までに犯人を見つけなさい。それができないのなら、わたしが納得できるような償いをしなさい。そのどちらもできなかった場合、わたしはあんたたちに復讐するわ」

湊かなえのミステリー『贖罪』(双葉文庫)は、同級生の殺人現場に居合わせた小学4年の少女たち4人の15年後、時効までの彼女たちを描いた物語だ。

 

一緒に遊んでいた同級生が殺されただけでも、少女たち(紗英、真紀、晶子、由佳)の心には、濃い闇が重く沈んでいた。しかし、犯人を見ていたにもかかわらず人相を証言できなかった少女たちに〈贖罪〉を求めたエミリの母親、麻子の呪縛が、その闇よりもさらに重くのしかかる十字架となっていく。

 

『フランス人形』紗英からの手紙

紗英は、レイプされ死んだエミリの死体を見て以来、大人になるのが怖かった。エミリは小4だがもう生理があり大人の身体をしていたがために殺されたのだと思いこみ、その精神的ショックから、女性として大人になれず初潮を迎えぬまま25歳になっていた。それでもいいという人が現れ結婚したのだが。

 

『PTA臨時総会』真紀のスピーチ

小学校教師となった真紀は、プールでナイフを振り回した犯人から子供たちを守り、一時は英雄視されたのだが、犯人が怖くて隠れていた同僚が自殺したことから糾弾される羽目に陥る。真紀は、エミリの事件以降ずっと、自分がしっかりしなくてはという強い気持ちを持ち続けていた。

 

『くまの兄妹』晶子のカウンセリング

くまの兄妹みたいだと親に言われ育った晶子の味方は、いつも兄だけ。外見を気にして可愛いものを遠ざけていたが、たまたま着ていたワンピースをエミリに褒められ、晶子はエミリとなら仲よくなれるとわくわくした。事件はその直後の出来事。「くま」の自分が身の丈以上のものを望んだせいでエミリは殺された。晶子はそう思いこみ、家に引きこもる生活を送っていた。

 

『とつきとおか』由佳からのヒアリング

身体の弱い姉を溺愛する母親を横目に暮らしてきた由佳。事件の日も、由佳だけが家族の迎えがなかった。事件後、由佳の話を聞いてくれたのは交番の巡査だけだ。交番に行く口実が欲しくて、やがて万引きをするようになる。大人になり、姉が警察官と結婚したときから、義兄をとってやろうと決めていた。

 

『償い』麻子からの手紙

4人へ宛てた手紙だ。麻子という人物像が、明らかになる。

自分のことしか考えられない、単なる自己中心的な感情だけに左右され生きている女だった。想像力も欠如している。自分の言葉や行動が、どんな影響を及ぼすのか考えることなく、ただ自分のことだけ考えて生きてきたのだ。

 

4人はそれぞれ、麻子が放った呪縛を背負い生きてきたなかで、人を殺してしまうことになる。5件の殺人事件を、連作短編集にした悲劇の連鎖の物語だ。

当然だが、同じ事件の目撃者である4人の受けとめ方の違いがかけ離れていて、ひとりひとりの人間というものの「違い」にあらためて驚かされた。

CIMG8144WOWOWでドラマ化されたんですね。キャストは、以下の通りです。

麻子(小泉今日子)紗英(蒼井優)真紀(小池栄子)晶子(安藤サクラ)由佳(池脇千鶴)

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.