CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

女による女のためのR-18文学賞

応募した小説が、「女による女のためのR-18文学賞」の最終選考に残りました。

最終選考候補作は6作品で、Web上で公開されているので、読んでいただけるとうれしいです。

わたしの作品は、ペンネーム織田栞「水たまりのできる場所」

6作品の公開ページは、こちら

3月17日まで公開されています。

読者賞という枠もあり、読んでくださった方のコメント数や熱さがカウントされるので、よろしくお願いいたします。

 

「女による女のためのR-18文学賞」は、女性に限り応募できる文学賞

10回までは「女性が書く、性をテーマにした小説」を募集していましたが、11回から「女性ならではの感性を生かした小説」をと、テーマをあらためました。今回で、20回を迎えるそうです。

これを機に一歩踏み出せるよう、がんばります。

R-18文学賞は、以前、大好きな山本文緒さんが選考委員をしていて、知りました。シミルボンサイトに、山本文緒短編集のコラムをかいた記事はこちら。

【人は人に傷つけられる。だが、そこから救ってくれるのもまた人なのだ。】

現在の選考委員は、三浦しをんさんと辻村深月さんです。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    さえさん
    文学賞 最終選考まで、行かれるなんて、すごいなあと思って、取り急ぎコメントをさせていただきました。
    一歩、踏み出す。
    いつからでも、新しい道へ新しい歩みに踏み出せるのだなあと、光と力をいただきました。

    作品は、追々に、拝読させていただきますね。
    まずは、おめでとうございます。

  2. さえ より:

    >ぱすさん
    ありがとうございます♩
    小説、ずっとかいてみたいなあと思っていて、かいたなかでは3つ目の物語です。
    いつからでも新しい歩みに踏み出せる。
    そうだといいなあと思います。
    そうあってほしいなあと。
    ちょっと恥ずかしいけれど、読んでいただけるとうれしいです。

  3. mami より:

    最終選考、おめでとうございます。
    読ませていただきました。
    登場する人の一人一人の性格が細やかに記され
    中でも、小西さんが魅力的でした。
    小西さん、その後どうしているのでしょう。

  4. さえ より:

    >mamiさん
    わ~、読んでくださったんですね。うれしいです♩
    わたし的にはマミちゃんも好きなキャラクターです。
    小西さんは、妖精的存在です(笑)
    小西さんのその後、あるいは、これまでをかいてみたいなと思っています。
    ありがとうございます♡

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.