CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

映画『恋妻家宮本』

以前読んだ『ファミレス』の映画版が、映画『恋妻家宮本』だ。

とは言え、読んでから5年ほど経っている。印象に残っていることなど覚えているシーンもあったが、ほぼ忘れていたので楽しめた。

恋妻家【こいさいか】
妻への思いに改めて気がついた夫のこと。
言葉にすると新しいけれど、世界中の夫のなかに必ず眠っている気持ち。
※愛妻家のようにうまく愛情表現出来ないので、気持ちが伝わりにくいのが欠点。

〈story〉

ひとり息子が結婚して巣立った夜、宮本陽平は、本棚で見つけた。妻の名前がかかかれた離婚届を。なぜ妻はこんなものをかいたのか。陽平がなかなか言いだせずにいるうち、妻は息子のところへ行くと出ていってしまう。学校では、家庭に問題がある男子ドンが倒れ、教師としての自信を失くす。

〈cast〉

宮本陽平【阿部寛】優柔不断だが、まじめが取り柄の中学校教師。48歳。

宮本美代子【天海祐希】陽平の妻。

五十嵐真珠【菅野美穂】陽平の料理教室の友人。夫と離婚を考えている。

門倉すみれ【 相武紗季】陽平の料理教室の友人。フィアンセとラブラブ。

井上克也 【 浦上晟周】陽平の教え子。クラスのムードメーカー。あだ名はドン。

若い二人の恋愛がいつまでも続くと考えるのは、一本の蝋燭が生涯灯っていると考えるようなものだ。

離婚届が挟んであった志賀直哉の『暗夜行路』の一節だ。

考えよ。語れ。行え。

夏目漱石の言葉に押され、陽平は、学校で、家で、奮闘する。

だが、離婚届をきっかけに話はこじれにこじれて。熟年離婚がもっとも多いとされる子供が家を出たタイミング。さて、ふたりはどこへ向かっていくのか。

「その夫婦は、離婚届けから始まった」

ファミレスでのエンディングシーン。吉田拓郎の「今日までそして明日から」をファミレスじゅうで合唱するエンディングだけでも楽しい♩

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.