CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

トネ・コーケン, 読書 2018.10.04

『スーパーカブ』

北杜市に、県立高校はひとつしかない。だからてっきりその北杜高校かと思ったのだが、小熊(こぐま)が通っているのは架空の...

続きを読む

健康, その他, からだのこと, 読書 2018.10.02

『ゼロトレ』

「羽が生えたように軽くなる」と謳われる本屋に平積みされた人気のダイエット本を買ってみた。ちなみにダイエット本を読んだ...

続きを読む

駅弁, 米澤穂信, 山梨, 読書, 2018.09.29

ミステリーのなかでも人は”食べる”

読んだばかりの短編集『真実の10メートル手前』に、山梨が舞台になった話があった。表題作だ。切なく胸が痛むミステリーだ...

続きを読む

米澤穂信, 読書 2018.09.28

『真実の10メートル手前』

「ちょうど1年前に、買ってる」文庫本に挟まれた本屋のレシートを見つけ、夫が言った。『さよなら妖精』は、米澤穂信の長編...

続きを読む

映画, 筒井ともみ, 読書, 鑑賞 2018.09.24

映画『食べる女』

映画は小説より、その空気感が身近に感じた。そこに漂うのは、淋しさだった。8人の女が登場して、それぞれの日々を生きてい...

続きを読む

山本文緒, 筒井ともみ, 読書 2018.09.23

『一切れのパン』的驚きを

読んだばかりの『食べる女』の一編に『花嫁の父』がある。毎週末父のために、亡くなった母が作っていたポテトサラダを作りに...

続きを読む

筒井ともみ, 読書 2018.09.22

『食べる女』

きのう公開された映画『食べる女』だが、映画ではなく小説を、そのきのう読み終えた。読み終えて思った。「ああ、映画観たい...

続きを読む

東野圭吾, 読書 2018.09.16

『人魚の眠る家』

”脳死”というものを、これまで深く考えたことがなかった。”脳死”と推測される状態で何年も心臓が動き続けたケースが実際...

続きを読む

花と木, 角田光代, 田舎で, 読書 2018.09.09

『Supermarket Flowers』

末娘は「大人が言う”いつか”は、やってこない」と小学生の頃、言っていた。だがわたしは、よく思う。”いつか”その日がや...

続きを読む

角田光代, 読書 2018.09.08

『森に眠る魚』

「お受験殺人事件」とも呼ばれた「文京区幼女殺人事件」がベースになっている。とは、朝比奈あすかによる解説から知った。1...

続きを読む

東野圭吾, 若竹七海, 伊坂幸太郎, 読書 2018.09.03

取り巻く印象と、真実の姿と

若竹七海の葉村晶シリーズ最新刊『錆びた滑車』を読み、やられた! とラストで思ったのは、よくいうどんでん返しとは感覚が...

続きを読む

若竹七海, 読書 2018.08.31

『錆びた滑車』

葉村晶は、憧れの女性だ。なにしろタフで、かっこいい。ワイズラック(洒落た減らず口)にしびれる。昼夜かまわず子守歌にし...

続きを読む

親子, 湊かなえ, 家族のこと, 読書 2018.08.27

『ポイズンドーター・ホーリーマザー』

毒親【どくおや】俗に、子供に悪い影響のある親。児童虐待に該当する行為で子供を傷つけたり、過干渉・束縛・抑圧・依存など...

続きを読む

柚木麻子, 読書 2018.08.23

『奥様はクレイジーフルーツ』

何もかもが満たされている。たったひとつのことを除いて。『奥様はクレイジーフルーツ』(文藝春秋)は、セックスレスに悩む...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 13

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.