CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

湊かなえ, 読書 2018.07.26

『ユートピア』

太平洋を望む鼻崎町は、人口7,000人の港町。近隣の大きな市に吸収合併されることなく町としてやっていけるのは、日本有...

続きを読む

その他, 読書 2018.07.03

『パリのすてきなおじさん』その3

『パリのすてきなおじさん』を、引き続き楽しんでいる。今回は、人生について深く語るおじさんを紹介しよう。「人間を好きに...

続きを読む

江國香織, 読書 2018.06.27

『ウエハースの椅子』

江國香織の恋愛小説『ウエハースの椅子』(ハルキ文庫)。〈私〉は、よく子どもの頃のことを思い出す。例えば。子供――近所...

続きを読む

湊かなえ, 読書 2018.06.22

『未来』

20年後の未来の自分から手紙が届く。10歳にもなっていればば、信じるはずもない。いや、まだ10歳だから、信じられるの...

続きを読む

その他, 読書 2018.06.19

『パリのすてきなおじさん』その2

ワールドカップも開幕したので『パリのすてきなおじさん』のなかのサッカーにちなんだページを紹介したい。『あそぶおじさん...

続きを読む

, 小川洋子, , 読書 2018.06.17

ポケットのなか、秘密の言葉をささやくもの

小川洋子の『最果てアーケード』(講談社文庫)を、ベッドでぱらぱらと捲っていた。ドアノブ専門店の話が好きで、たまに読み...

続きを読む

その他, 読書 2018.06.11

『パリのすてきなおじさん』

ジャケ買いした。先週東京に出たときに、本屋をゆっくりと歩く時間があった。『パリのすてきなおじさん』(柏書房)というタ...

続きを読む

山本文緒, 読書 2018.06.09

『夏風邪』

山本文緒の短編集『ブラック・ティー』(角川文庫)に、『夏風邪』という短編があり、特別好き、というわけでもないのに、折...

続きを読む

有働由美子, 読書 2018.06.07

『ウドウロク』

『ウドウロク』(新潮文庫)の文庫が出た。3月にNHK『あさイチ』キャスターを引退すると同時にNHKを退社したばかり。...

続きを読む

小川洋子, 読書 2018.05.29

『刺繡する少女』

小川洋子の『刺繡する少女』(角川文庫)は、狂気と背中合わせにある世界を描く、10編からなる短編集である。『刺繡する少...

続きを読む

小川洋子, ドラマ, 読書, 鑑賞 2018.05.24

ドラマ『人質の朗読会』

小川洋子の連作短編集『人質の朗読会』は、胸に残る小説だった。ふと思い出して、オンデマンドでドラマを観た。監督【原口正...

続きを読む

花と木, 東野圭吾, 田舎で, 読書 2018.05.22

イエローストップな日

きのうは、イエローでストップする日だった。信号である。黄色信号で止まるか進むかは、ご存じの通りタイミングによる。それ...

続きを読む

さわぐちけいすけ, 読書 2018.05.19

『人は他人 異なる思考を楽しむ工夫』

さて、『妻は他人』には、続編がある。『人は他人 異なる思考を楽しむ工夫』(KADOKAWA)だ。料理の仕方は当然のこ...

続きを読む

瀬尾まい子, 本谷有希子, さわぐちけいすけ, 読書 2018.05.14

『妻は他人 だから夫婦は面白い』

本の紹介サイト「シミルボン」で知ったコミックエッセイ『妻は他人 だから夫婦は面白い』(KADOKAWA)を、のんびり...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 13

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.