CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

夫婦, 山本文緒, 家族のこと, 読書 2018.08.20

『愛はお財布の中に』

愛が、お財布のなかにあるとは思わない。だがお金が左右する人間関係のなかには、恋人同士や夫婦ももちろん含まれる。日々め...

続きを読む

浅田次郎, 読書 2018.08.17

『おもかげ』

竹脇正一(たけわきまさかず)は、65歳。穏やかな老後が待っているはずだった。だが、商社を定年退職し、自らの送別会の帰...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 石田ゆり子, , 田舎で, 読書 2018.08.15

石田ゆり子の油淋鶏

お盆休み。石田ゆり子の油淋鶏を作ってみた。石田ゆり子の写真エッセイ集『Lily―日々のカケラ―』に載っていた、彼女の...

続きを読む

家ご飯, 浅田次郎, , 読書 2018.08.14

記憶の蓋

忘れてしまいたいことや どうしようもない淋しさに包まれたときに男は 酒を飲むのだろう昔の歌が、ふと口を突いて出ること...

続きを読む

さわぐちけいすけ, 家仕事, 日々の暮らし, 読書 2018.08.10

洗濯物の干し方

洗濯物の干し方は、みな同じようでいてじつはけっこう違っている。そんなにこだわりはない方だと思うが、それでも夫とも娘と...

続きを読む

島本理生, 読書 2018.08.07

『シルエット』

『シルエット』は、35歳で直木賞を受賞した島本理生が、17歳のときに執筆。群像新人文学賞優秀作に選ばれたデビュー作で...

続きを読む

島本理生, 読書 2018.08.05

『ファーストラブ』

「動機はそちらで見つけてください」アナウンサー志望の女子大生【聖山環菜(ひじりやまかんな)】(22歳)は、父親を刺殺...

続きを読む

漫画, 読書 2018.08.01

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』

志乃ちゃんは、自分の名前が言えない。母音から発音する言葉が言いづらい、というより言葉にならないのだ。それなのに、彼女...

続きを読む

その他, , 田舎で, 読書 2018.07.30

カラスが飛び立ち、梨が落ちる

先週、先々週の『みんなの手話』で、手話で絵本を朗読するコーナーがあり、『まっくろネリノ』(偕成社)を、手話と併せて身...

続きを読む

湊かなえ, 読書 2018.07.26

『ユートピア』

太平洋を望む鼻崎町は、人口7,000人の港町。近隣の大きな市に吸収合併されることなく町としてやっていけるのは、日本有...

続きを読む

その他, 読書 2018.07.03

『パリのすてきなおじさん』その3

『パリのすてきなおじさん』を、引き続き楽しんでいる。今回は、人生について深く語るおじさんを紹介しよう。「人間を好きに...

続きを読む

江國香織, 読書 2018.06.27

『ウエハースの椅子』

江國香織の恋愛小説『ウエハースの椅子』(ハルキ文庫)。〈私〉は、よく子どもの頃のことを思い出す。例えば。子供――近所...

続きを読む

湊かなえ, 読書 2018.06.22

『未来』

20年後の未来の自分から手紙が届く。10歳にもなっていればば、信じるはずもない。いや、まだ10歳だから、信じられるの...

続きを読む

その他, 読書 2018.06.19

『パリのすてきなおじさん』その2

ワールドカップも開幕したので『パリのすてきなおじさん』のなかのサッカーにちなんだページを紹介したい。『あそぶおじさん...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 13

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.