CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ならまち散策

比叡山を歩いた翌日、奈良に向かった。京都駅から奈良駅まで1本で行ける快速に乗れば、45分ほどで奈良に着く。案外近いんだ、と驚いた。

 

ならまち周辺の宿をとったので、荷物を置いてふらふらと歩いた。

「ならまち」は、世界遺産の元興寺周辺に広がる古い町、町家を改造したレストランやカフェ、雑貨屋などの店が集まる人気エリアのこと。

歩くだけで楽しく、ぜひ行きたいと思っていた雑貨屋『游(ゆう)中川』本店も楽しめた。奈良公園も近く、おススメのスポットだ。

 

そこから、この日お目当ての「唐招提寺」へ向かい観て歩いたが、前日、比叡山でかなり歩いたので疲れていて、チェックインの午後3時前にはならまちへ帰ってきた。とりあえず、こじんまりとした昼飲みOKのイタリアンカフェに入り、生ビールを飲むことにした。

歩いた後の生ビールが、喉をうるおし身体じゅうに沁みていく。

客はわたしたちふたりだけ。テーブル席に座り、のんびりと店内を眺めながらゆっくりグラスを空けていく。2席だけのカウンターの前には、ワインの瓶が並んでいる。その椅子を眺めるうち、不意に頼りない気持ちになった。

 

旅して、歩くのは楽しい。だが普段の生活にあるような安らげる場所は、そこにはない。安らげる場所、ホッとできる場所がないって、こんなにも頼りなく心細いことなんだと、思いもかけず突きつけられたような気がしたのだ。

風邪で寝込んだばかりだったから、そんなふうに考えたのかも知れない。あるいは、旅先にだけある穴に落ちたのかも知れない。

しかしその頼りなさ、心細さは、何歳くらいまでだろうか。若い頃には常に隣りにあったものととてもよく似ていた。とても馴染みのある、けれど思い出すと泣きたくなるような、すっかり忘れてしまっていた感覚。そんな感覚を久しぶりに身近に感じ、酔っているのか覚醒しているのかわからなくなっていった。

CIMG1807ビール休憩をしたイタリアンカフェ『Bambuno(バンブーノ』

CIMG1801これがカウンター席です。壁に洒落た絵とイタリア語が描かれていました。

CIMG1756

お昼ご飯は大衆食堂『ひさご屋食堂』で。

CIMG1754

なぜか皿うどん(笑)

CIMG1761全国展開している雑貨屋『游中川』本店は、細い路地にありました。

CIMG1814ペットボトルホルダーと、リバーシブルの布巾を購入しました。

CIMG1772

行列ができていたお餅屋さん『中谷堂』

CIMG1768

突き立ての餠に熱々餡子のよもぎ餠。

CIMG1968いく筋にも伸びたならまち商店街のひとつ。にぎわっていました。

CIMG1759

近くの猿沢池には亀がいっぱい。

CIMG1971

近鉄奈良駅には、せんとくんもいました。

CIMG1878夕食飲みは、居酒屋『豊楽(とよのあかり)』で。

CIMG1869

甘酢生姜をのせたトマトジンジャーも、

CIMG1874

月見つくねもめちゃうま。

CIMG1891ならまち近くの宿『飛鳥荘』の朝食には奈良名物の茶粥もありました。

 

 

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

  1. ぱす より:

    こんばんわ。
    ならまちに行かれたのですね。とても広いですよね。
    3年前に、主人と自転車を借りて、廻りました。それでも全部は行けませんでした。
    町の雰囲気と、お店めぐりと楽しかったことを思い出しました。

    京都駅から奈良駅まで快速で・・・行かれたのですね~。その沿線で私は生まれ育ちました。
    あっという間に着くでしょう。以前に久しぶりに乗ったらもう外国人観光客がいっぱいで・・・
    2つの古都を結ぶ、人気の路線ですね。

    • さえ より:

      ぱすさん
      ならまち、楽しかったです♩
      レンタル自転車で回ったんですね!いいな~
      もっとゆっくり歩きたかったです。
      京都から奈良への沿線の途中で、ぱすさんは生まれ育ったんですね~
      いいところなんでしょうね~♩
      近鉄奈良駅からは、神戸の三ノ宮までも1本で行けて、また行きたいねという話になりました。

  2. 悠里 より:

    こんばんは❗
    私はまだ奈良に行ったことがありません。11月末には
    いつもの友人達と、初めて奈良に行く予定です。
    初めての土地には、言い知れぬ期待が多くあります。が何処に行くにも人任せ、全て支えられています。
    行動的な友人には感謝 しています。

    さえさんの歩いた道、立ち寄ったお店にも、もしかしたら行くかもしれませんね。よく頭に入れて行こうと思います。特に、ならまち是非行きたいなー。

    • さえ より:

      悠里さん
      11月に奈良に行かれるんですね~いいところでしたよ~♩
      ならまちは雑貨好きなわたしには特におススメです。
      ぜひ楽しんでいらしてくださいね~♡
      頼りになるお友達がいて、安心ですね。
      方向音痴なので道案内は夫任せのわたしです(笑)

CIMG2876

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.