CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ビルバオは暑かった

せっかくヨーロッパまで来たのだから、トンボ帰りではもったいない。

パリでの結婚式を終え、スペイン北部バスク地方のビルバオへと向かった。

ビルバオを選んだのは、偶然、夫とふたりビルバオを特集したテレビを観ていて、ここに行きたい!ということになったからだ。

今ではもう、何という番組だったのかも覚えていないのだが、建物など街全体がアーティスティックで、近隣の海辺には島の上に建てられた教会があり、そこから見下ろす景色の美しさが強く印象に残っていた。

それに美食のバスク地方だ。食べ物は美味しいに決まっている。

 

しかし日本ではマイナーな街。情報が少ない。『地球の歩き方』でさえ4ページのみ。とりあえず歩いてみようと街に出た。

バルに立ちより、ピンチョスというパンの上に具をのせたタパスをつまんでビールを飲んだりしながら、旧市街と呼ばれる古い街並みを歩くが、不案内だ。

「おー、ようやく地図、ゲット! 3€だ」

お土産屋さんで地図を買い、やっとのことでビルバオの全容が見えてきた。

ところでこの日、ビルバオは40℃の暑さ。地図を手に入れたときには、ふたりとも汗だくだった。駅のカフェに入って合言葉のように言い合う。

「短パン、買おう。ジーンズじゃ、明日から歩けない」

「インフォーメーションに行って、洋服屋さん教えてもらおう」

そうして向かったインフォーメーションには、なんと3€のものとあまり変わらない無料の地図が置いてあったのだった。

「あーあ、地図買わなきゃよかった」

「まあ、そんなこともないんじゃない?」

「うーん、地図があったから、ここまで来られたと思うことにしようか」

 

ムダだった、必要なかった、やめときゃよかった。あとからそう思うことって、日々の生活のなかでもよくある。

でも、地図のある場所まで地図が必要だったのかもと考えると、ムダなことなんて何もないような気がしてきた。

とにかくビルバオはひどく暑くて、やたらとビールが美味しかった。

CIMG8575旧市街の市場のなかにあったバルで、とりあえずビール。

CIMG8578市場のなかと言っても洒落ています。

CIMG8580ピンチョスの種類も豊富でした。

CIMG9177たどりついたアバンド駅です。暑かった!

CIMG8644駅ナカのステンドグラスのようなアートがきれい。

CIMG8641こんな像もありました。

CIMG8603街もお洒落な建物が多くて、見ているだけで楽しい。

CIMG8680スピズリ橋。白い橋という意味だそうです。

CIMG8755新市街の中心『モユア広場』ベゴニアがきれいに植えられていました。

CIMG9150道々歩きながら見る、こんなところも素敵です。

CIMG8511サッカースタジアムだって、かっこいいんです。サンマメススタジアム。

CIMG8531オフシーズンでしたが、なかをのぞいてみました。

CIMG8534スタジアムから見た風景。こんなところにもアートが!

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

  1. ぱす より:

    フランスを拠点にベルギー、スペインも行かれたのですね。ユーロ圏って行き来が、自由というのが伝わって来たような気がします。
    せっかくなら隣国、のぞいてみたくなりますね。
    さえさん、ご主人が見られた旅番組、BS一本の道でしょうか?私もあの番組で、最近バスク地方に触れたような気がしています.
    スペインの風土も魅力的ですね。
    地続きのヨーロッパの歴史って日本人には、興味を駆り立てらますね。あとから引かれた境界線。
    異国でも、文化は似ていて。
    バルの軽食とお酒、美味しいでしょうね♪

    • さえ より:

      ぱすさん
      たぶんそれです!
      BS一本の道。検索してみました。教えてくださってありがとうございます♡
      パリよりビルバオのほうが人がのんびりしているのか開放感がありました。
      治安の違いもあるのかもしれません。
      物価も安くて、食事も気を張らずバルをはしごしてすませたり、気楽だったこともあるのかな。
      ビールもタパスも格別でした♩

  2. papermoon より:

    さえさん、お帰りなさい!!

    暑い夏のビール、最高ですね!
    日本のビールと比べてお味はどうでしたか?
    そして、つまみが美味しいタパスならもうこれ以上の幸せはないというくらいですね。
    タパスの1つ1つが大きいので2つ3つ食べたら食事代わりになりそう。

    パリの旅行記、とても楽しく読みました。
    イザベルさんの描かれた絵があまりに上手なので驚きました。
    パリの街並みを見ていたらまた旅行で行きたくなりましたよ。

    • さえ より:

      papermoonさん
      ただいまですー♡
      ビール、フルーティでライトなものが多かったんだと思います。
      ライトビールが好きなわたしにはとってもおいしく感じられました♩
      バルをはしごして夕飯にしちゃいましたよ~
      パリの投稿も読んでいただいてありがとうございます。
      イザベルの絵、上手ですよね~。
      センスがいいんだと思います。
      パリ、ぜひ遊びに行ってください♩

CIMG0378

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

随筆かきます。

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.