CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

メイア・デ・レイテ

ポルトガルの珈琲は、エスプレッソだった。

わたしは珈琲好きのくせに苦い珈琲は苦手で、だからエスプレッソはめったに飲まない。しかし、パンの朝食やカフェでの休憩に珈琲は欠かせない。

ポルトガルでよく飲んだ珈琲は、「メイア・デ・レイテ」。

メイアは半分、レイテはミルク。半分ミルクだよという名の珈琲はカフェオレだが、エスプレッソ珈琲とミルクが半々なので、厳密に言えば、カフェオレ(ドリップ珈琲1:ミルク1)とカフェラテ(エスプレッソ2:ミルク8)のあいのこだ。エスプレッソとミルクが半々ずつ入った珈琲である。

 

何度も頼むうち、

「uma meia de leite por favor.」(メイア・デ・レイテを一杯ください)

これだけは、ポルトガル語でオーダーできるようになった。ふたり分なら頭を「2」duas(ドゥアシュ)に変えるだけ。シンプルだ。

 

モンサントからリスボンに向かう途中、乗り換え駅での待ち時間にもメイア・デ・レイテで温まった。

ポルトガル語でオーダーすると、駅の売店に併設されたカフェのおじさんは、にこっと笑ってくれた。こちらもうれしくなり、笑顔を返す。

これだけのことでも、気持ちが温かくなる。

ところが珈琲を飲み終えた頃、売店のおじさんに肩をたたかれた。

「リスボンに行くんだろう。今ホームに入ってきたあの電車だよ」

身ぶり手振りで、親切に教えてくれた。もちろん知っていたのだがうれしかった。そればかりか、待合室のドアを開け見送ってくれたのだ。

「オブリガーダ(ありがとう)」

わたしも、満面の笑みで手を振った。

トイレから戻ってきた夫は、その様子を見て驚いていた。

たどたどしく発音もなってないわたしのポルトガル語は、それだけ微笑ましく映ったのかも知れない。

 

慣れないエスプレッソも、ミルクを混ぜれば飲みやすくなる。知らないことばかりの国でも、ひとつ知ろうとすればひとつ分だけ、たぶん親しくなれるのだ。

『サンタ・カタリーナ通り』の老舗『マジェスティック・カフェ』。

大きな鏡が、空間を広々と見せています。

オレンジジュース。氷を入れないのも、日本にはない風習ですね。

『リベルダーデ広場』のカフェ『グァラニ』。

かつてはアーティストのたまり場だったとか。

メイア・デ・レイテと、グラスに入ったのは「ガラオン」。これもミルク珈琲です。たっぷり飲みたいときに。

朝食を食べに通ったパン屋さんのメイア・デ・レイテ。

チェーンっぽいカフェでは、メニューに「カフェオレ」とありました。

夫とわたしです(嘘)。ただ珈琲を飲んでいるだけなのに、素敵な雰囲気ですよね。

 

☆ポルトガルの旅レポは、これでおしまいです。読んでくださって、ありがとうございました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. 彩夏 より:

    こんにちは。

    >知らないことばかりの国でも、ひとつ知ろうとすればひとつ分だけ、たぶん親しくなれるのだ。

    この言葉、とてもステキだと思いました。国を人に置き換えることもできますね。いっぺんにではなく少しずつ、少しずつ。

    ポルトガルの旅、私も一緒に楽しませていただきました。とっても良い旅に同行させていただきました!ありがとうございました(*´ω`*)

    • さえ より:

      彩夏さん
      こんにちは。
      いっぺんにではなく、少しずつ、少しずつ。ほんと、そうですよね。ありがとうございます。
      ポルトガルの旅に同行していただきまして、ありがとうございました。楽しんでいただいてうれしいです。
      これからも、ぜひ遊びにいらしてください。

  2. hanamomo より:

    こんばんは。
    ポルトガルの旅の様子、とても楽しく拝見しました。
    ポルトガルではエスプレッソとミルクなのですね。
    濃いコーヒーとミルクの組み合わせ美味しいでしょうね。
    鏡のある大きなカフェは関口さんも入ったカフェだったような?

    パンもおいしそうですね。
    気ままにこんな朝ごはんもいいなあ~。
    でもやっぱりご飯と梅干が恋しくなるのかな?

    南ポルトガルの猟師町オリャオに20年住んでいた青目さんというブログ友達がいます。
    数年前御主人が漁師をやめ、日本に帰りました。
    ポルトガルはとても楽しかったそうです。
    「リスボン 坂と花の路地を抜けて」という本を出しておられます。
    さえさんのブログを拝見し行ってみたいな~と思っています。

    • さえ より:

      hanamomoさん
      こんにちは♩
      エスプレッソは、ミルクを入れると美味しいですね。
      『マジェスティック・カフェ』は、とても有名で行列ができるカフェです。
      たまたま並んでいないときに通りかかって入ってみました。
      関口さん、行っていたかなあ。ちょっと思い出せませんが、老舗なので立ち寄ったかもですね。
      ポルトガルで暮らしていた方とブログでお友達なんですね~♡
      本も出されている方なんですか。青目さんのブログ、遊びに行ってみます。
      教えてくださってありがとうございます。
      ポルトガル、いいところでした♩旅におススメの国です。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.