CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

女子旅・沖縄〈その1〉大人は、いいねえ

ビールの好きな友人に、格安フリーツアー2泊3日で沖縄に行かないかと誘われたのは、秋のこと。沖縄の焼き物を観て歩こうという。

たがいに子どもたちのこと、親のこと、夫のこと、仕事、自分の体調、彼女にはお孫ちゃんも5人いる。もし何かあったら遠慮せずキャンセルしようと約束し、その日を待った。

「わたしたち、どうやら行けるようだね!」

彼女のそんな言葉で、女子ふたり沖縄の旅は始まった。じつは女子旅など結婚してから初めてのこと。ものすごーく楽しみにしていた。

 

那覇空港についたら、まずレンタカー屋を目指す。

レンタカーユーザーが多いため空港近くにお店はなく、いくつものレンタカー屋のバスが空港に迎えに来ている。そのバスも、満員だ。

じゃんけんで決めた最初の運転手は、わたし。

ナビに従い、国際通りへと車を走らせる。

「大人は、いいねえ。自由で」

友が、うれしいため息をもらした。

「そうだねえ。車だって運転できるし、お酒も飲めるしねえ」

わたしも応える。

今わたしたちに、こうしなさい、ああしなさいと言う人は誰もいない。

「好きなだけ、焼き物を見られるし」

「好きなだけ、ビールも飲めるし」

沖縄には、たくさんの焼き物と琉球ガラスとシーサーと、野菜たっぷりの沖縄料理とライトなオリオンビールと、そしてこれまでにない解放感があった。

1日目は、国際通り近く「壺屋やちむん通り」を歩きました。まずはランチ。「浮島ガーデン」というヴィーガン沖縄料理のカフェで。

くつろげる雰囲気が素敵でした。

互い違い、色違いの板壁がレトロな感じでお洒落。

お庭には井戸(飾りかな)もありました。

「壺屋やちむん通り」の「やちむん」は焼き物のこと。登り窯もありました。

焼き物屋さんがいっぱい集まって並んでいる通りです。可愛いお店も。

ときどき見える家々の屋根とシーサーが、沖縄!

三叉路などにある「石敢當(いしがんとう)」は、魔除けだそうです。友人が教えてくれました。

器を購入したお店で。さんぴん茶と黒砂糖を出してくださいました。

ホテルの部屋から観た、朝焼け。海が見える~(笑)

美しいなあ。いい1日が始まりそう。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    涙が出てくるような素晴らしい夕焼けの風景ですね。
    船がゆっくりと桟橋に近づいていますね。

    沖縄には一度行きたいと思いながらまだ実現していません。
    風景もそうですが人に流れる時間もゆったりだよ~と娘が話していました。

    さんぴん茶美味しかったでしょう。

  2. さえ より:

    hanamomoさん
    ほんと、涙が出てくるようなという表現がぴったりくる朝焼けでした。
    沖縄は30年ぶりです。
    息子が1歳のとき、まだ娘たちがいなかった頃、家族3人で訪ねました。海が美しかったということ以外は、あまり覚えていませんでしたが、そうですね。時間がゆったり流れている。その通りです。
    さんぴん茶、お湯飲みに入っていましたが、冷たく冷えていて美味しかったです。黒砂糖も一味違いますね。

  3. ぱす より:

    きれいな朝焼けですね。
    真っ赤に、燃えるような色をしているのですね。

    いただいたコメントに沖縄のやちむんです。と書いたのですが、やちむんの工房の行かれたのですね。
    沖縄独特のダイナミックな作風とがっちりした感じ。結構、好きです。

    「大人は、いいねえ~」実感ですね。
    いいけど、しんどい時もあり、だからこそこんな旅の時間が必要なのですよね。
    次回の旅レポも楽しみにしていますね。

  4. hanamomo より:

    こんばんは。
    朝焼けなのですね。ごめんなさい。
    我が家の和室からも朝焼けが見える日があります。
    本当にきれいですね。

    息子さんと3人で行った思い出深い土地だったのですね。
    娘も『おかあさん、沖縄の海は一度見た方がいいよ~』と言います。

  5. さえ より:

    >ぱすさん
    不思議なほど、真っ赤でした。海がきれいだからでしょうか。
    コメントの返信、読みました。
    やちむんだったとは!とうれしくなりました。
    違う地域でも売られているんですね。
    焼き物の世界は深いですね。
    そうそう。大人だから自由で、大人だからしんどいときもあり、旅は解放と癒しの時間ですね~♩

  6. さえ より:

    >hanamomoさん
    朝焼けは悪天の兆候とも言いますが、気持ちよく晴れてくれました。
    娘さん、そんなふうに言ってくれるなんて、やさしいですね。
    息子は1歳だったので、覚えていないと思いますが、お土産に塩の入ったお守り袋を送りました。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.