CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

楽しいことを思いっきりやろう!

上原さんは、小さい。

自ら背番号32を選び、32は「ミニ」つまり小さいからと話す彼は、氷上の姿を見おろし、確かに同じチームの誰よりも小さいと実感した。いちばん小さな選手を探せば、すぐに上原さんが見つかる。

そして、速い。

猛スピードで駆け抜ける選手がいた、と思ったら上原さんだった。

 

上原さんがブログで紹介していた記事「氷上の小さなテクニシャン」には、こうある。

先天的なハンディキャップの影響で下肢が小さいため、スレッジも他選手より小さくて軽いものを使える。それが、動きの良さを生む。

『上原大祐オフィシャルブログ』は → こちら

 

あのパワーは、どこから生まれているんだろう。

「車いすスポーツGOMI拾い」で講師をしていただいたときにも漠然とだが持っていた疑問が、氷上で走り回る彼を観ていてふたたび湧きあがって来た。

パラアイスホッケーは激しく身体がぶつかり合う競技で、選手が壁にぶつかるシーンも多い。そのたびに観客席まで振動が届き、激しさと身体へのダメージとを実感した。けれど。

「……楽しそう」

不意に思った。

 

楽しい。だから、思いっきりやる。

上原さんからは、そんなオーラを感じられた。

NPOの活動などで出会った子どもたちに、氷上を走り回る姿を見てもらいたい。彼はそんな思いで、一度は引退したパラアイスホッケーに復帰したそうだ。

 

「楽しいことを思いっきりやろう!」

そんな上原さんからのメッセージを受けとりながら、「行けー! だいすけぇ!」と声を枯らし叫んでいた。

CIMG8414韓国戦の前の練習風景です。背番号32が、上原大祐さん。

CIMG84182本のスティックで縦横無尽に走る日本と韓国の選手たち。

CIMG8426試合後にたがいの健闘をたたえ合う姿です。

CIMG8428試合終了後は、ヘルメットがあちこちに転がっていました。

CIMG8430上原さんはリンクじゅうを回り、応援してくれた人たちに挨拶していました。

CIMG8479こちらは、アメリカ戦。写真を撮る余裕はほとんどなかった。

CIMG8484アメリカチームの若い力に押されながらも、よくがんばりました。

 

上原さんのブログからのメッセージ

『次世代の選手たち&皆さんで一緒に未来を作りませんか?』

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.