CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

外ご飯, ベトナム, , 2018.07.13

郵便局のおじいさん

「3年前にベトナムで撮った写真と同じ人が、写ってる」今年に入ってから何回かのホーチミン出張で、夫が撮った写真のなかに...

続きを読む

ベトナム, 2018.07.12

スコール

「スコールが来たらもう、どこかに逃げ込むしかないです」ベトナム法人のスタッフの男性に、そう聞いていた。「傘をさしても...

続きを読む

外ご飯, ベトナム, , 2018.07.11

フエ料理

日曜日。夫とフエ料理を食べに行った。「フエ」は、ホーチミンの北、ビーチリゾートとして人気のある「ダナン」近くで、ベト...

続きを読む

珈琲&お茶, ベトナム, , 2018.07.10

スペシャルティコーヒー

到着翌日夫を見送り、朝からホテル近くのドンコイ通り附近をひとりふらふら歩いた。霧雨が降っていたが、やはり暑い。ホーチ...

続きを読む

外ご飯, ベトナム, , 2018.07.09

食の記憶 フォー編

夫の会社が、ベトナム法人を立ち上げた。その際の10日間のホーチミン出張に同行することになり、慌ただしく準備した。出張...

続きを読む

山梨, スイーツ, , 2018.07.05

セミドライフルーツ

『地球の歩き方』特派員ブログで、セミドライフルーツを紹介した。『甲斐の恵み』という山梨のフルーツで作ったこだわりの逸...

続きを読む

東京, 2018.06.29

足早に渡る青信号

久しぶりに表参道の交差点で信号待ちをした。そこは、20年ほど前に会社の最寄り駅だった場所で、何度も歩いた交差点だ。赤...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2018.06.28

木漏れ日を眺めつつ木々の吐息を感じていたら

取材で市内の白州・尾白の森名水公園『べるが』を歩いた。森と日本百名水である尾白川の川辺の一部を、散策したり川遊びをし...

続きを読む

外ご飯, 東京, , 2018.06.24

東京で、夫と待ち合わせした。神保町は、会社からも歩ける距離で、何度か待ち合わせたことがある。駅からは一本外れた通りの...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2018.06.21

トウモロコシ狩り

取材で初めて、トウモロコシ狩りをした。1本の実が大きいものだから、「狩り」といっても一瞬で終わるのでは?やってみる前...

続きを読む

花と木, 山梨, 田舎で, 2018.06.14

まだ見ぬ世界が隠されている

同じ明野町にある、さくらんぼ農園を取材した。さくらんぼ狩りもできる観光農園がほど近い場所にあり、今ちょうど、さくらん...

続きを読む

花と木, , 山梨, 田舎で, 2018.06.03

自然の大きさに触れて

金曜の午後、お隣りは韮崎市の甘利山にひとり登った。ツツジが一面に咲く観光スポットで、先週、開花情報が出たところでの取...

続きを読む

外ご飯, ラーメン, 駅弁, 2018.05.17

田舎のおひとりさまと、都会のおひとりさま

ひとりで外食できない心理は、だいたいこんなところだそうだ。① 目立ちたくない。② ひとりぼっちの淋しい人だと思われた...

続きを読む

外ご飯, その他, 東京, , 読書, 2018.05.02

ヒライス HIRAETH

『なくなりそうな世界のことば』のなかに、ウェールズ語の「HIRAETH(ヒライス)」という言葉があり、わけもなく魅か...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.