CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

イタリア, 2016.12.11

シチリアのB級グルメ

パレルモのB級グルメと言えば、アランチーニと内臓バーガーだ。アランチーニは、トマト味のライスコロッケ。「なんで、オレ...

続きを読む

イタリア, 2016.12.10

上を向いて、足もとを見つめて

イタリアに来てからというもの、上ばかり見ている。教会を観に行くことが、多いからだ。宗教は持たないが、教会のしんとした...

続きを読む

イタリア, 2016.12.09

ソードフィッシュを探して

「パレルモで、おススメの魚は何ですか?」夫が訊くと、タクシー運転手の女性は、当然という口調で言った。「ソードフィッシ...

続きを読む

イタリア, 2016.12.08

アートの街、パレルモ

シチリア島では、州都パレルモで3日間を過ごした。「シチリアで、のんびりと魚が食べたいね」と、わたし。「ゴッド・ファー...

続きを読む

イタリア, 2016.12.07

『最後の晩餐』

ミラノに着いた翌朝、レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』を観に出かけた。ミラノ中央駅から地下鉄に乗り10分ほどの...

続きを読む

イタリア, 2016.12.06

大切なのは代案を考えること

「たっぷり時間あるね。ゆっくりビールでも飲もうか」と、夫。「いいね。冬のイタリアに乾杯だね」と、わたし。のんびりとし...

続きを読む

江國香織, イタリア, 読書, 2016.12.05

『冷静と情熱のあいだ』

『冷静と情熱のあいだ』(角川文庫)を、再読した。1999年、新たな世紀を迎える直前に出版されたものだ。辻仁成が男性、...

続きを読む

台湾, 2016.08.06

中心街、中山の夜

台北3日目、最後の夜は中心街、中山(チョンシャン)を歩いた。ホテル近くなので電車にも乗らず、ふらふら歩いて夕飯を食べ...

続きを読む

台湾, 2016.08.05

シノワズリと台湾茶

台北3日目は、康青龍(カンチンロン)を歩いた。ランチに小籠包を食べようと『鼎泰豊(ディンタイフォン)』を予約していた...

続きを読む

台湾, 2016.08.04

迪化街ノスタルジー

台北2日目の朝は、迪化街(ディーホアジエ)を歩いた。河の近くの街で、中国大陸からの移民が水運を利用し栄えた問屋街だ。...

続きを読む

台湾, 2016.08.03

九份で見た風景

2日目は、台北近郊の九份に行った。昔は、不便な山の上にある9世帯だけの集落で、食材日用品はいつも九份(9つ分)まとめ...

続きを読む

台湾, 2016.08.02

夜市を歩く

楽しみにしていた夜市を歩いた。台北最初の夜の夕飯は夜市でと決めていて、ちょっとずついろいろ食べようと計画していたのだ...

続きを読む

台湾, 2016.08.01

違うことを楽しんで

夏休みをとって、夫婦ふたり、台湾は台北(タイペイ)を旅した。いちばんの楽しみは、何と言っても、食。「台湾は、食べ物が...

続きを読む

1 2 3 4 5 6

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.