CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 山梨, , 2021.04.30

ビールの日

先週は、ネットを開くたびに「4月23日はビールの日」という文字が出てきた。もちろん23日は美味しくいただいたのだが、...

続きを読む

親子, 珈琲&お茶, , 家族のこと 2021.04.29

もうひとつの空

義母から、小説「水たまりのできる場所」を再読したとメールをもらった。読みながら、上の娘の「もうひとつの空」を思い出し...

続きを読む

一木けい, 読書 2021.04.28

『全部ゆるせたらいいのに』

アルコール依存症の父親の暴力に悩まされ育ったアダルトチルドレンの千映。4編から成るこの小説は、1話目と4話目が千映の...

続きを読む

外ご飯, 2021.04.27

たいへん!

「たいへん!」中ちゃんが、顔色を変えて大きな声を出した。「ああっ! 飛んでっちゃう」小ちゃんも、たどたどしい口調で、...

続きを読む

家ご飯, 2021.04.26

こごみ

町内の産直野菜売り場「あけの農さん物直売所」で、こごみを見つけた。しっかりした大きなこごみは200円、薄黄緑の小さな...

続きを読む

近藤史恵, 読書 2021.04.25

『シャルロットの憂鬱』

犬好きの方必読とおススメしたい『シャルロットの憂鬱』は、愛犬家のミステリー作家近藤史恵の連作短編集だ。不妊治療がうま...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2021.04.24

ファラフェル風サラダ

「Iru(イル)」で食べたファラフェルサラダを再現してみた。とはいえファラフェルを揚げるほどの本気度はなく、ツナ缶で...

続きを読む

, 四季, 田舎で 2021.04.23

山笑う

ようやく薪ストーブが、休んでいる。まだ稼働する可能性はあるが、暖かな日が続き、夜も暖房なしで眠れるようになった。東京...

続きを読む

家ご飯, 山梨, , 2021.04.22

小さなきっかけ

きっかけは、「AKITOCOFFEE」だった。「仲沢商店って、知ってる? 量り売りのお店なんだけど」教えてくれたのは...

続きを読む

湊かなえ, 読書 2021.04.21

『カケラ』

田舎町に住む女の子が、大量のドーナツに囲まれて自殺したらしい。モデルみたいに美少女だとか。いや、わたしは学校一のデブ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2021.04.20

ウド三昧

庭で採れたという立派なウドを、たくさんいただいた。「春の皿には苦みを盛れ」という。冬のあいだに溜まった脂肪や毒素を身...

続きを読む

外ご飯, 2021.04.19

ファラフェルサラダ

去年取材した「Iru(イル)」は夫の気に入りの店となり、ふたりでたまにランチに行く。ランプレドットサンドがたまらなく...

続きを読む

深沢潮, 読書 2021.04.18

『かけらのかたち』

「マウントをとる」という言葉を知ったのは、何年前のことだったか。「職場にマウントとる奴がいてさ」娘から聞いた初耳の言...

続きを読む

家ご飯, 2021.04.17

人参だけサラダ

何かさっぱりしたものを一品添えたくて、ネットで検索した「人参だけサラダ」を作ってみた。千切りにし塩でしんなりさせた人...

続きを読む

1 2 3

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.