CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

閉じたままの瞼を閉じる瞬間

還暦を迎える何年か前から、夜中に何度か目が覚めるようになった。

たいていはトイレに行き、キッチンで水を飲んで、ふたたびベッドに潜り込む。

すぐに眠りに落ちるときもあるが、目が冴えてしまうこともある。冴えるというほどではなくても、眠っているのか起きているのかどっちつかずの時間を1~2時間過ごすこともある。

 

そんな夜中に、目を閉じたまま、さらに瞼を閉じたような感覚におそわれることがある。

なんということはない。

種明かしをすれば、タイマーを掛けた蝋燭型のライトが消えるというだけのことだ。

けれどその感覚がおもしろく、眠れないときなど、ワクワクまではいかない小さな期待を膨らませながら、今か今かとライトが消える瞬間を待ったりする。

何もせずにベッドでまぶたを閉じて待つ時間、突如、音が存在を主張し始める。

最近では、秋の虫。

リリリリとルルルルの中間くらいの音で鳴く虫。

リーーンリーーンとスローな雰囲気を醸し出す虫。

ジジジジジジジジと低い音程を保ち鳴き続けている虫。

すぐ隣に眠っている人の寝息も聞こえ、不思議に穏やかなハーモニーとなる。

すると、にわかに五感が研ぎ澄まされたように、虫たちがいる土や草の匂いがしてくるような錯覚に陥る。夜露を含む湿った風が腕を撫でていくような気までする。

 

目を閉じていても、光は見えているのだと実感する静かな時間だ。

ある朝の八ヶ岳。

気温が下がった朝には、山々がくっきりと浮き上がります。

同じ場所から見た南アルプス連峰。

鳳凰三山と、甲斐駒ヶ岳。

最近の定点観測地点です。ここから見た厳冬期の山々の様子は、こちら

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    こんにちわ
    台風はこの先、縦断するようですね。
    久しぶりの全国行脚の台風ですね。ほどほどに暴れて欲しいものです。

    どんな辛いことがあったとしても、この山並みを見ると心が落ち着きます。
    私も、最近は何時に寝ても4時起床ですね。また一時間早まりました。
    年を重ねるということはそういうことなんですね。
    だから、5時から目がぱっちりして、ブログや録画したドラマ視聴です。涼しい時間にアイスコーヒーを飲みながらゆったりした時間です。

  2. さえ より:

    >ぱすさん
    こんにちは~
    大きな台風、被害が大きくならないよう祈るしかできませんね。
    八ヶ岳、南アルプス連峰、すがすがしい山なみ。空気も澄んでいます。秋ですね。
    ぱすさんも早起きしますか。
    年を重ねるということですね~
    ゆったり朝活も、いいですよね~

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.