CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ひとつひとつ、やっていこう

新しい年2022年が、始まった。

 

年越しの準備をするときの、ひとつひとつ満たされていくというか、整えられていうか、そういう感覚が好きだ。

御節の材料。お煮しめの野菜。お雑煮の餅、三つ葉。きなこ。みかん。

年越し蕎麦は夫が打つから、蕎麦つゆ、葱、山葵、天かすなどを切らしていないか確認。

掃除も、ムリしない程度にひとつひとつ片づけていく。

 

ひとつひとつ。

たくさんのことは、もうできない。

だから新しい年は、ひとつひとつやっていこうと思う。

毎年、年越し時期に替える玄関の暖簾は、寒椿です。

夫が会社を起業したときにいただいた色紙「志萬里走(こころざしばんりをはしる)」を掛けています。

今年も、なんとか御節料理できました。

一の重。詰め方は適当ですが、奇数の種類を入れるのが縁起がいいのだとか。

二の重は、動物性タンパク質。

三の重は、お煮しめ。これだけは、ひとつひとつ違う鍋で煮ています。

 

☆今年も、日々徒然綴っていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    あけましておめでとうございます。
    ひとつひとつ、終えていく。その充実感ってありますね。
    できる所から、できるだけのこと、できなかったらできなかったで、年越しでもいい・・・ぐらいの
    気持ちで、私も年末掃除を自分なりに終えました。

    おせち、色とりどりで、心がこもっていますね。
    お正月お重が、テーブルのセンターにないのも、なんか寂しいですよね。
    今年もどうぞよろしくお願いいたします。

  2. さえ より:

    >ぱすさん
    今年も、よろしくお願いします。
    おんなじです。自分なりに終える。それが大切ですよね。
    今年は、娘が彼と帰ってきました。
    御節もよく売れて、楽しく過ごしています。
    美味しく食べられれば、いい年になりそうですよね。
    ぱすさんにとって、良い年になりますように。

  3. mami より:

    さえさん、あけましておめでとうございます。
    美味しそうなお節料理ですね!
    二の重に蛸が入っていたのでググってみたら関東のあたりでは
    酢だこをお節料理に入れるのですね。
    こちらではお刺身として食べるのでお節料理も
    地域によってずいぶんと違いますね。
    おにしめも美味しそう!
    私の作ったおにしめは妹から茶色い物体と揶揄されました。

    今年もよろしくお願いいたしますね。

  4. さえ より:

    >mamiさん
    今年もよろしくお願いします。
    酢だこ、そうなんですね~神戸の夫の実家でも食べていたので、日本全国なのかと思っていました。
    わたしもググってみました。関西の方は、お刺身か煮だこみたい。
    お家ごとに違うんでしょうね。
    お煮しめは、亡き土井勝さんのレシピで、我が家の和食は高校生の頃から好きだった土井勝レシピが多いです。これも、関西風の味ですね。
    茶色い煮物って、美味しいですよね(^_-)-☆

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.