CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

予言

「予言だ」

「なに? ペンキ塗りだった?」

朝、ペペペ日めくりカレンダーをめくって目を丸くするわたしに、夫が日めくりをのぞきこむ。

「おーっ、まさに予言」

日めくりには、「夕日を見に高いところに行く日」とある。

前日の夕刻、窓から見た夕焼けがあまりに綺麗だったので、写真を撮りに出かけたのだった。そこは坂の中腹だったが、そのまえに家で、2階のキャットウォークからも夕焼けを眺めた。

「高いところ」である。

 

じつを言うと、その前日にも夫が「予言だ」と言っていた。

「やっちゃうよーの日」には、めくる氏が「今日は洗い物やっちゃうよー」と皿洗いをしている絵が描かれていた。

引退してから朝食後の洗い物を担当している夫であるが、その日に限り、昼も夜も洗い物をしてくれていた。

ペペペ日めくりカレンダーをめくって、4年。

こうしたシンクロに驚かされることは、けっこう多い。

夕焼けが綺麗なのは、季節に関係しているネタなのかもしれないが、洗い物は偶然としか思えない。

 

いや。もしかすると、人が暮らすって、夫婦で暮らす日々って、そうそう違わないものなのかもしれない。

朝が来れば、陽が暮れるし、食事をすれば、皿も洗う。

「時間が、ゆっくり流れていくね」

多忙を極める日々を送っていた夫には、日々新鮮に映るようだ。

2階のキャットウォークから見た八ヶ岳。夕刻17時15分。

同じくキャットウォークから。17時38分。「観に行こう!」と、すぐに車で出発しました。

少し走った田んぼ道で。17時45分。うちからは見えない西側の南アルプス連峰。

左から、甲斐駒ケ岳、のこぎり岳。

のこぎり岳の北側に連なる山々は何ていう名前なんでしょう。

昨日のペペペ日めくりカレンダー。夕焼けじゃなく夕日だったけど。

その前日は「やっちゃうよーの日」でした。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.