CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

初めての句会~立冬

6月から10月までの5回の講座「俳句を楽しむ」を終え、続けたい人が20人ほど残り、月1回句会を行う会が発足された。

句会。初めての体験だ。だいたいこんな流れで行われた。

〈出句〉短冊に一句ずつかき、二枚(二句)提出。

  集められた短冊をシャッフルして、全員に二枚ずつ配る。

〈清記〉 配られた二句を各自、自分の清記用紙に写し直す。

  各自に番号が与えられる。

〈選句〉いいと思った二句を選び、自分の名前を入れた選句用紙に記入する。

〈披講〉選句用紙を集め、代表の方二人が選者の名前と選ばれた二句を読み上げていく。

〈講評〉選ばれた数の多い句から先生が読み上げ、選んだ理由を選者に聞いていく。

  それを踏まえて、先生からの講評を伺う。

お題は「立冬」だった。

わたしが詠んだ句は、こちら。

テーブルに小さき冬の日向かな

ひとり選んでくれた方がいて、とてもうれしかった。

おもしろかったのは、20人いて選ばれた句がまちまちだったこと。それぞれの感性が選ぶ句にも表れているのだろう。

来月12月のお題は、「師走」と「山茶花」を一句ずつだ。

2階の窓から望む八ヶ岳。きのうの朝です。

ちょっとずつアップにして。

まるで、絵のようでした。

最高峰赤岳。

編笠山と権現岳。

温かな家のなかで、この風景を見られる幸せを思いました。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.