CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

平日のペンキ塗り

昨日は、秋晴れのペンキ塗り日和だった。

外壁工事で足場をのせていた個所などが傷んだウッドデッキを、塗ることにした。

夫が会社を引退し、ひと月が経つ。

平日に、ペンキ塗りだって、なんだってできる。

これがまだ、慣れない。

なんとも不思議な感覚だ。

わたしもだけれど、本人がいちばん実感しているだろう。

 

ふたりで、ウッドデッキを端から塗っていく。

板の幅のコテで塗り、塗りにくいところは刷毛で塗る。

「さっとでいいよ。塗れてないところは後で刷毛で塗ればいいから」

夫に言われるも、わたしはわたしの道をゆく。

「一枚一枚、丁寧に塗りたいの」

「じゃあ、お好きに」

「お好きにします」

陽射しの強さにバテつつ、休憩を挟みながらも、午前中に塗り終えた。

「おーっ、きれいに塗れたねえ」

「ほんと、きれいじゃん」

誰も聞いていないのをいいことに、自画自賛である。

青空だけが、アラ還夫婦のペンキ塗りを、どこ吹く風で眺めていた。

気持ちのいい青空でしたが、陽射しが強かった!

2階のベランダから見たウッドデッキ。日向の部分は、塗る先から乾いていきました。

きれいになって、うれしい。

ウッドデッキの黒っぽいペンキの色は「エボニ」です。

いやいや、お疲れさまでした。

外板に塗ったペンキの色は「カスタニ」です。

家のまえから見た鳳凰三山。右側の木は、収穫を終えた庭の栗の木です。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.