CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

手話まつりで

3月6日日曜日、今年もぶじ「手話まつり」が開催された。

毎年、カメラ担当だったのだが、今年はNPO法人「楽しく笑って人生を過ごす山梨手話の会」の仲間たちと出し物に参加することになった。

手話がまともにできないのに、手話劇に出るなんてとんでもない。

そう思っていたのだが、コロナ禍で手話劇の練習ができないため、見るだけで楽しい出し物をということになり、手話劇ではなく、ひと目で分かるキャラクターたちに扮することになった。

題して「サザエさんファミリーファッションショー」。

 

「いちばん、らしくない人がやろうよ」

「その方が、おもしろいよね」

そんな話になって、フネさんは黒一点の男性が。そしてわたしが仰せつかったのは、なんと波平役だった。

ぱっと見て波平だとわかるように、ツルツルの頭にデフォルメした鼻髭をつける。

「いるだけで、笑える」

「誰がやってるか、わかんない」

そう褒められて(?)わくわくした。

上手くいかないところも多々あったけれど、楽しくて仲間とたくさん笑った。

「楽しく笑って人生を過ごす」と名がついたNPO主催のイベントだもの。楽しく笑わなくっちゃ。

 

そして、毎年の如く落ち込んだ。手話で話せずつい通訳してくれる人に頼ってしまったのだ。

手話で話す聴覚障害を持った人たちは、伝えたいことが通じないもどかしさを、常に味わっている。わたしが感じたのはそれとは違うとは思うけれど、そんなもどかしさが少しだけわかるような気持ちになるのも、わたしの手話まつりなのだ。

 

『地球の歩き方』の告知記事は、こちら。

【3月6日は「手話まつり」手話を知らない人も大歓迎~みんなで楽しく笑っちゃおう!】

サザエさんファミリーです。あれ、フネさんとタラちゃんがいない。

カツオに、誕生日プレゼントをもらう波平。

なんとかぶじに、サザエさんファミリー終了。

ゲスト「手話エンターテイメント発信団oioi」 の手話パフォーマンス、楽しかった!

「家」という手話で「イェー!」

観客のみなさんも、とっても楽しそうでした。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    パチパチパチパチ・・・・・・・
    楽しそうですね。
    らしくない人を演ずる、これが一番楽しいですね。
    波平さん、変装お見事!
    近くだったら見に行けたのに。。。。。。。。
    「家」という手話で「イェー!」これもいいですね。

  2. さえ より:

    >hanamomoさん
    ありがとうございます♩
    絶対誰だかわからない自身が会ったので、けっこうアップの写真載せました。
    黒一点の男性が波平役をやるかって話になったとき、それじゃおもしろくないということになりました。逆変装がバッチリできて、楽しかったです。
    「家」で「イェー!」って、すごい発想ですよね。
    oioiのみなさんは、聴覚障害者の方々ととてもフレンドリーに手話で話していて、素敵な方々だと思いました。コロナ禍で、いろいろ規制もトラブルもあったけど、やってよかったです。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.