CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

春まだ浅く

東日本大震災から11年。今年も3月11日を迎えた。

被災したわけではないけれど、停電した夜の寒さは覚えている。

 

夫と息子は東京に、上の娘は甲府にいて、すぐに連絡が取れ、胸をなで下ろした。

まだ高校生だった末娘の高校に車で迎えに行き、途中停電した信号をいくつか通り過ぎ、ぶじ娘と会えたときにはホッとした。

お湯は出たけれど風呂に入るのも怖くてやめ、ガスコンロも使えたけれど夕飯に何を食べたのかは覚えていない。

よかったと思ったのは、薪ストーブで暖まれたことだ。

 

きのうは4月並みの暖かさになったけれど、庭の様子を見ると、春まだ浅いと実感する。

不安と悲しみのなかでの東北の寒さは、想像するに難いものだっただろう。

夫の膝が良くなったら、今年は、東北を旅したいと思っている。東北を旅して、東北のいろいろな良さを知りたいと思う。

 

2014年の3月に仙台を旅したときのブログは、こちら

庭で春一番に咲くのは、クリスマスローズです。

前の日には堅い蕾だった紫の子も、きのうの暖かさでふんわり開き始めました。

オオイヌノフグリのブルーは、さわやかですね。

水仙も、蕾をつけ始めました。

ピンボケですが、コブシの芽も膨らんできました。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    こんにちわ
    どこに居ても、あの日のことは忘れることはできませんね。
    あの時の気持ちを今でも、思い出せますね。
    そちらは、停電したのですね。
    不自由さをいつまでも覚えておられることでしょうね。

    水の冷たさを海の冷たさを、想像ですが思いますね。

    こちらも、今日はとても暖かったです。
    上着も要らないぐらいでした。

  2. さえ より:

    >ぱすさん
    こんばんは。
    忘れられないこと、それぞれにあると思います。
    遠くにいても長く揺れて停電して、不安はいっぱいでした。
    忘れた方がいいこと、忘れてはいけないこと、ありますね。
    きのう今日は、こちらも暖かかったです。
    何事もない平和な日々を、祈る日ですね。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.