CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

果物をいただく季節

このところ、いろいろなフルーツを貰う。果物をいただく季節だ。

さくらんぼから始まって、スモモ、びわ、桃と続いている。

「さくらんぼ」「李(すもも)」「枇杷(びわ)」までは、夏の季語だったが、「桃」は秋の季語だった。

 

季語「さくらんぼ」の傍題は、「桜桃の実」「桜桃」

一粒にゆきわたる紅さくらんぼ  伊藤敬子

さくらんぼの赤い色のみに注目して詠んだ句。

 

季語「李(すもも)」「李の花」は、春の季語。

葉隠の赤い李になく小犬  一茶

なんだか、可愛らしい。

 

季語「枇杷」の傍題は、「枇杷の実」

種ありてこそなる枇杷のすすり甲斐  後藤比奈夫

枇杷の句には、種の存在感を詠んだものが多かった。

 

秋の植物の季語「桃」の傍題は、「桃の実」「白桃」「水蜜桃」など。

白桃の荷を解くまでもなく匂ふ  福永鳴風

桃の匂いが漂う句。

 

果物はとても身近で、なるほどと食卓風景や木に生る様子などを想像できる句が多く楽しい。それが自分で詠むとなると、身近すぎて難しいのである。

もうすぐシーズンも終わる、さくらんぼ。

硝子の器が似合います。

たくさんいただいて、赤く熟れた実から食べているスモモ。

お庭の木に生ったという枇杷。

ゆっくりと、指で薄い皮を剝きました。

桃が、秋の季語だとは。

ほどよい酸味の甘く瑞々しい白桃でした。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    おはようございます。
    すもも好きの母は毎朝山梨のすももを食べています。
    小さい物は3個も食べるんです。

    そうですか、果物王国山梨は果物を頂く季節が到来するのですね。
    秋田ではどうだろう?と考えてみました。
    父が存命だった頃は物のやり取りも多い職場だったので、林檎10キロが10箱も到来し、母は実家や親戚に送っていたのを思い出しました。
    今だったら欲しいな~と思います。
    一度にあっても困るのが果物ですね。

    お庭になったという枇杷、おいしそう。
    枇杷は食べるというよりもすするという表現が似合いますね。
    種を題材にした句が多いこともうかがえます。
    先日食べた枇杷の種を私は使わなくなったグラスに入れて、毎日水を取り替えています。
    そろそろ植えてみるか、廃棄するか迫られているのですが、日々忙しくしていると夜にお茶碗を洗いながら、「ああ~今日もこのままだった」と気づくのです。

    種ありてこそなる枇杷のすすり甲斐  後藤比奈夫

    いい句ですね。
    そして見事な句です。

    ところですももの花がとても香りいい花だってしっていますか?
    友人の山荘にあって、ちょうどその時期に行くと、感激するほどいい香りだったな~と。

  2. さえ より:

    >hanamomoさん
    おはようございます。
    お母さま、すももを毎朝!
    そちらでも山梨のすももなんですね。
    林檎10キロを10箱はすごいな~
    果物も野菜も、重なるとたいへんではありますが、工夫して美味しくいただけるようにもなりました。
    枇杷は、とても久しぶりに食べました。優しい色そのままの優しい甘さですよね。
    じつは種ありてのこの句、hanamomoさんを思い出して選びました。
    枇杷の種の存在感、それぞれに独特の思いがあって楽しいですよね。
    すももの花の香り、プラムとは違うのかな。体感してみたいです。

PROFILE

プロフィール
水月

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.