CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

雨の音

雨の音が、変わった。

一昨日の夜からだ。

いつもより、半音高い感じだろうか。

いや。たぶん、ドもレもミもある。音楽にはなっていないけれど、雨が当たる場所によっていろいろ違う音が聴こえる。

 

築21年目となった家の外壁を補修することになり、足場を組み立ててもらった。

梯子で届かない2階建てのリビング周りを、ぐるりと囲んでいる。

登ってみると、思いのほか高い。

傾斜地に建っているので、地面から10メートル以上の高さになる場所もある。

先月末で会社を引退した夫は、大工さんと一緒に、ペンキ塗りをするという。

一緒にホームセンターに行き、ペンキと手袋を(わたしの分も)買ってきた。

 

音の外れた雨音は、夫の再スタートを祝っているかのようにも聴こえる。

ウッドデッキ側の様子。

北側は傾斜になっているので、高さ10mくらいあります。

いちばん高いところまで登ってみました。

隣りの森を見下した感じが、やっぱり2階のベランダとは違う。赤松が細く見えます。

玄関側から見た様子。

北側に登ると、緑の田んぼが窓から見るより広い!

 

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ユミ より:

    家の外壁の塗り替えを体験するって、なかなか面白いですね。
    普通は業者さんに任せっきりが多いと思うけれど、流石です。
    自分達で建てた家ですもんね。
    きっとお家も喜んでいると思いますよ。
    住宅地では組んだ足場の外側に、ネットのようなシートで養生するんだけど、
    さえさんのような木のお宅はその必要が無いんですね。
    私は高い所は苦手ですが、さえさん家のような景色なら一度くらい登って見てみたい気もします。
    うちの所では、他のお宅の屋根ばかりですもん。(^^;)

  2. さえ より:

    >ユミさん
    家って、たいへんですよね。
    補修は初めてじゃないんですが、足場を組むだけでも費用もかかるし。
    でも、登ってみたら遊園地みたいに楽しくて、たまにはいいかなって思いました(^_-)-☆
    大工さんも、夫のサッカーのチームメイトで、だからわがまま言ったりできます。
    ネットの養生って、どうして必要なのか。
    う~ん、わかりません。
    わたしも、高いところ得意な方じゃないけれど、手すりもあるしっかりした足場なら、ジャングルジムみたいで楽しんでいます♩

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.