CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 2023.01.28

塩糖水漬けふたたび

いつものスーパーの鶏肉が、硬くなった。美味しくないと感じる硬さだ。これまでと同じように「国産若鶏」とあるのだが、あき...

続きを読む

家ご飯, 生き物, , 四季, , 田舎で 2023.01.25

雪予報

大雪が降るという予報を受け、食料品を余分に買い込んだ。夫は、薪をウッドデッキに山と積んでくれた。きのうは朝起きたら一...

続きを読む

外ご飯, , 2023.01.24

1月の句会~初明り・若菜摘み

1月の句会は、「初明り」「若菜摘み」がお題。「初明り」は、元旦の朝初めて射してくる太陽の光のこと。元旦や手を洗ひたる...

続きを読む

スイーツ, 東京, , 2023.01.22

フォーチュンクッキー~大相撲土産

両国で、手話教室のみんなに大相撲土産を買った。先生が大の大相撲ファンなのだ。あれこれ迷った末、フォーチュンクッキーに...

続きを読む

外ご飯, , 2023.01.21

ちゃんこ鍋

両国に、大相撲初場所を観に行った。そのときのことは、初場所千秋楽後にかくとして、初めてちゃんこ鍋を食べた。非常に美味...

続きを読む

家ご飯, 健康, , からだのこと 2023.01.20

朝餉の湯気

炬燵でご飯が、スタンダードになった大寒の頃。朝起きると、リビングの室温は、平均して約11℃。薪ストーブの火を起こし、...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2023.01.15

にゅうめん

年末年始、よく麺類を食べた。うどん、蕎麦、にゅうめん。ひとりランチには、手軽な温かい麺ばかり。なかでも、にゅうめんが...

続きを読む

外ご飯, 岡山, , 2023.01.11

夜の倉敷を歩いて

神戸帰省の帰りに、倉敷まで足を伸ばした。一度は行ってみたいと思っていた、憧れの街である。2泊したけれど、観光できるの...

続きを読む

外ご飯, 親子, 神戸, 珈琲&お茶, , 家族のこと, 2023.01.10

幸先のよいスタート

のんびりと家で正月を過ごし、その後、夫の実家がある神戸へ帰省した。「山梨の日本酒、買っていこうか」「じゃ、ぐい呑みも...

続きを読む

家ご飯, 珈琲&お茶, 2023.01.09

朝茶には福が増す

年末に、美味しい煎茶を送っていただいた。以前ブログにかいた狭山茶の茶畑広がる地が近いと読んでくださって思い立ち、わざ...

続きを読む

, 珈琲&お茶, 2023.01.08

イタリアカサマツとテヴェレ川のマグカップ

今年初めての買い物は、図らずも珈琲用のマグカップとなった。初詣の際立ち寄った友人のお店「日と月」で見つけた陶芸作家の...

続きを読む

家ご飯, 2023.01.06

すき焼きいろいろ

正月3日、すき焼きをした。「豚すきで、いいよね~」と言いながら、スーパーを歩き、結局「お正月だからね」と牛をひとパッ...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2023.01.03

御節ひとつひとつに

御節を作りながら、そのひとつひとつに思い出すことがあるなあと考えていた。例えば、お煮しめの高野豆腐の飾り切りは、結婚...

続きを読む

家ご飯, 俳句, 日々の暮らし, 2023.01.01

『夏井いつきの365日季語手帳』

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。昨年は、新しいことをひとつ始めた。半年の俳句講...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 64

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2023年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.