CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2022.01.24

夫のスモーク

風のない冬晴れの日、夫がウッドデッキにスモーカーを出した。5日ほど前から漬け込んでいた豚バラ肉の塊を、前日から塩抜き...

続きを読む

家ご飯, 川上弘美, , 読書 2022.01.17

らっきょ~小説のなかのワンシーン

「らっきょって、カレーのとき以外にも食べるっけ?」「酒の肴にも、いけるんじゃない?」夫の言葉に返し、あれ? たしかあ...

続きを読む

家ご飯, , 2022.01.16

新しい器

スープ皿を新調した。といっても、中鉢ほどの大きさ。気に入るものを見つけるまで、辛抱強くネット検索した。結局、以前足を...

続きを読む

家ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2022.01.13

36回目の結婚記念日

今年も、結婚記念日を迎えた。36回目である。結婚記念日としては、「○○婚」と名のつかない地味な年数だ。去年は35年で...

続きを読む

, 2022.01.12

藍色の器

金継ぎしていた器が、3つ仕上がった。色違いのサラダボールが2つと、藍色の平たい鉢だ。鉢は、大鉢と言うには小さめだが、...

続きを読む

家ご飯, 2022.01.10

ごまめと田作り

御節料理のなかに「ごまめ」がある。最初は義母に教わったので、我が家の御節は関西風。だから、関東で「田作り」と呼ばれて...

続きを読む

家ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2022.01.09

地球に優しい「あんかけラーメン」

「お昼、何にする?」夫に訊くと、即座にラーメンと返ってきた。「あんかけラーメンがいいな」「えーっ、あんかけ? 面倒く...

続きを読む

家ご飯, 夫婦, 親子, , 家族のこと 2022.01.03

蕎麦打ち

大晦日から娘とフィアンセが帰省していて、年越しはどこへいくでもなく御節をつつき、4人のんびりと過ごしていた。彼はフラ...

続きを読む

家ご飯, 日々の暮らし, 雑貨, 2022.01.01

ひとつひとつ、やっていこう

新しい年2022年が、始まった。年越しの準備をするときの、ひとつひとつ満たされていくというか、整えられていうか、そう...

続きを読む

家ご飯, 健康, , からだのこと 2021.12.31

4人の泥棒の酢

お隣りは長野県富士見町で栽培しているニンニクを、いただいた。とても大きく立派で、新鮮だ。ニンニクは大好きなので、日々...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2021.12.28

ゲンコツテールスープ

東京に住む友人が、クリスマスプレゼントに(?)博多のゲンコツテールスープを送ってくれた。「そちらは気温が低いので、ス...

続きを読む

家ご飯, 2021.12.26

栗原はるみのハーブローストチキン

クリスマスイブの夜には、ローストチキンを焼いた。といっても、骨付きもも肉を漬け込んでオーブンで焼くだけの簡単なもの。...

続きを読む

スイーツ, ペペペ日めくりカレンダー, 日々の暮らし, 雑貨, 2021.12.25

金のパン「パンドーロ」

メリークリスマス☆ということで、クリスマスらしいものを並べてみようと思ったけれど、特別に飾り付けをしたわけでもなく、...

続きを読む

家ご飯, 山梨, , 2021.12.22

やはたいも

甲斐市のブランド野菜「やはたいも」を、初めて食べた。名は耳にしたことがあったが、高級ブランド里芋だとは知らなかった。...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 54

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.