CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

『一生ものの台所道具』~サラダスピナー

本好きが集うシミルボンサイトのお友達、伊和早希さんにススメられて手元に置き楽しんでいる平松洋子の『一生ものの台所道具』

初めてそこに載っていた”道具”を、購入した。

おいしいサラダは水切りが第一条件

と、著者。

キッチンにやって来たのは、チェリーテラスの「サラダスピナー」。野菜の水切りをする道具だ。

長く使っていたOXOのプラスチック製スピナーが歪み、汚れも落ちなくなり、新調した。

一生とは言わずとも、長く使っていきたい。ボウル部分が耐熱ガラスだというのが、購入の決め手となった。

 

『一生ものの台所道具』の第一章「基本の台所道具を知る・選ぶ・使う」は、道具の素材、作られる過程にもスポットを当てている。たとえば「まな板」

木は生き続ける。

二百年の樹齢ならば、さらに二百年生きる

そんなタイトルに、木曽檜を切り出した丸太の写真から始まり、加工されていく様子がカラー写真&解説で組み立てられている。

さらに、選び方、家庭で上手に使う法が併せて載せてある。

 

文章からは、平松洋子の台所道具への熱い思いが感じられる。

まな板は、ぜひ一枚板を選びたい。なぜなら、木はつねに呼吸し、生き続けているから。

選び方では、木目を見つめている。

柾目には小口の木目に縦の筋が入っており、板目は曲線の木目。見た目は板目のほうがきれいに見えがちだが、柾目のほうが目が細かく、反りや狂いも少なく、品質は高い。

叩いて焼いて磨き上げる「包丁」作りの工程。一枚の厚い鉄板から生まれた「鉄のフライパン」でオムレツを焼く瞬間。使い込むほどに味が出る「茶筒」作りを代々続ける職人達。

台所道具を深く掘り下げた第一章には、知らなかったことが満載だった。

 

そして、第二章の「料理の腕を上げる基本の道具たち」には、サラダスピナーほか、様々な道具が写真と商品名入りで載っていて、へー、こんな道具があるのかと目から鱗もたくさん落ちた。

 

いろいろな家庭で長く愛用されてきた道具を紹介する、第三章「わたしの愛用道具たち」も、それぞれのこだわり方が半端なく、おもしろい。

 

うーん、これ欲しい。

でも、断捨離中だ。

そんな悩みに苦しめられるカラー写真満載のムック本だ。

チェリーテラスのサラダスピナー。

ガラスボウルの中央にスピナーベース(6枚の花びらのような形)を置いてザルをのせ回すとと、ザルを回転して野菜の水切りができます。

「オールラウンズボウルズ」フルセットもおすすめ、と本にはありましたが、とりあえずボウルなどは足りているのでスピナーだけにしました。

初下ろしは、クレソンで。

サラダとパンのおうちランチ。ちょっとお大きめだけど、せっかくなのでスピナーのガラスボウルに盛りつけて。

パンは、町内の「やまに」のもの。

新しい道具って、いいな。

楽しんでいます。伊和早希さん、ありがとう。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. mami より:

    こんばんは~。
    結婚した時からサラダスピナーが欲しいと思いながらも
    場所をとるので、ビニール袋の中に野菜とキッチンペーパーを入れ
    ぶんぶんまわしたりしていました。
    このサラダスピナーだとガラスのボウルにそのまま入れて出せるので
    いいですね。
    私も買おうかな。

  2. さえ より:

    >mamiさん
    おはようございます♩
    mamiさんが、ビニール袋をぶんぶん振り回しているなんて想像もつかず、笑ってしまいました。
    サラダスピナー、OXOのプラスチック製のものを使っていたんですが、こちらの方が断然おすすめです。
    ガラスのボウルもシンプルで、食卓に映えますよ。
    お試しあれ~

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.