CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

あけぼの大豆の枝豆

身延町の名産品に、「あけぼの大豆」というのがあることを知った。

友人が、毎年その豆で味噌を作っていると聞いたのだ。たいそう美味しいらしい。

この時期、その枝豆が出回るかと。

一度食べてみたいものだと、思っていた。

 

その話を聞いた翌日、町内の産直野菜売り場「あけの農さん物直売所」へ行くと、枝豆が売っている。

「この時期、枝豆は珍しいですね」

顔見知りのお店の方に訊ねると、なんとあけぼの大豆の枝豆だという。

「身延町から苗を分けてもらって、育てたそうですよ」

「うれしい! 食べてみたいと思ってたとこだったの」

 

さて。家に帰って、夫に報告した。

「あけぼの大豆の枝豆、ゲットしたよ」

しかし、夫はふうん、という気のない返事。

「感動がないなあ」

と言うと、さらに「?」が飛ぶような顔をしている。

「身延特産の、珍しい、あけぼの大豆の、枝豆が、売ってたんだよ」

言葉を切るように言うと、ああ! とようやくわかった様子。

「明野の大豆って、聞こえたんだよ。何言ってるのかと思った」

「あけぼの」と「あけのの」一文字違いで、音も似ている。

まあ、間違えてもしょうがないか。

っていうか、明野のあけぼの大豆だから、間違えてすらいない。

見るからに大粒です。

6分茹でて、お湯のなかで2分蒸らしました。「あけの農さん物直売所」の方に蒸らすのがおススメと教わりました。

豆自体も大粒! つやつや~

ほっくほくの美味しさでした。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.