CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

きのこな日々は続く

夫がきのこ狩りで収穫した、ムキタケ。

庭で育てた原木シイタケ。

きのこな日々は続いている。

鍋や味噌汁はもちろんのこと、バター焼き、アヒージョ、餃子と、きのこの風味や食感をあれもこれもと楽しんでいる。

いろいろな料理に使えて、飽きがこないのもうれしい。

 

きのこのカサは、子孫を残すために胞子を作る部分で、植物でいえば花なのだそうだ。栄養豊富。免疫力アップにも効果があるという。

そして何といっても、低カロリーでダイエット効果大。

じつをいうと、豊作だった栗のおかげでここ10年のなかでもMAXに体重計の針が振れてしまった。それがどうにも戻らない。

肉もバターもきのこと一緒なら、きっとだいじょうぶ。

ここで戻らなかったら嘘でしょ、と、きのこな日々に願いを込めて食べ続けている。

食欲の秋は、いったいいつまで続くのか。

朝食のお味噌汁にムキタケを入れて。甘味が感じられます。

牡蠣とムキタケのアヒージョ。イケました~♩ パンをつけて。

牡蠣より、存在感大きい!

豚しゃぶ鍋にもムキタケ。つるんとした食感がぴったりでした。

そして、庭の原木シイタケのバター醤油焼き。たまらん~

餃子にも、シイタケ刻んでいっぱい入れました。シイタケの香りがぷ~ん。

 

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.