CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

まぐろチャーシュー

取材した”静岡フェア”を、きのうアップした。

そこで購入した「まぐろチャーシュー」が、なかなかに美味い。

そのまま食べてもいいのだが、レンチンしてマヨネーズをかけてもよし、サラダにもよしとあったので、さっそくサラダにした。

 

ハマっている『サラダのアイデア帖』に、自家製オイル漬け「ツナ」が載っていて、オイル漬けを自家製するのはちょっとハードルが高いと思っていたところ。

「まぐろチャーシュー」で、トライしてみたら、大正解だった。

ちょうど材料が揃っていた「無限ピーマン」と「千切りじゃがいもとツナのサラダ」は、リピート必至の簡単美味しいレシピだった。

一冊の本から、確実に食卓が豊かになっているのを感じた。

 

きれいな赤い鮪の刺身と、オイル漬けのツナ缶が、同じ魚だということをよく忘れる。知らない子供も多いのではないか。それくらい見た目も味わいも違っているということだ。

「まぐろチャーシュー」は、しっかり「鮪」で、野菜も美味しくしてくれる旨みの深さがある。

そのうち、オイル漬けも作ってみたいけど。

「静岡おでん」と一緒に購入した「まぐろチャーシュー」。

この大きさの塊が、4つ入っていました。

見るからに美味しそうで、人気商品だと知らなくても買おうと思っていました。

「無限ピーマン」は、胡麻油で炒めて、麺つゆで味つけるだけ。夫の箸が止まらず、翌朝の分は残りませんでした。まさに「無限ピーマン」。

さっと茹でたシャキシャキじゃが芋をオリーブオイルとビネガーと塩胡椒で和えたシンプルサラダ。ワインにも合う一品です。

 

☆『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログ、更新しました。

【双葉SAで"静岡フェア"開催中!山梨と静岡を結ぶ「中部横断道」全線開通しました】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.